【地元アイス】6つの味の中で一番人気はフルーツ味、551HORAIのアイスキャンデー

グルメ
この記事は約3分で読めます。

TBSテレビの「がっちりマンデー!!」を見ていたら、「地元アイス」特集をしていました。
全国的にはまったく有名ではないけれど、ある地域に限ると誰もが知っている氷菓子があるのだとか。

その中で気になったのは、大阪の豚まん屋「551HORAI(蓬莱)」のアイスキャンデーです。
全部で 6つの味があって、レトロなデザインの袋にはシロクマが描かれています。

551HORAI 蓬莱 大阪名物の豚まん[肉まん]
551HORAI蓬莱の公式ホームページです。大阪名物の豚まん・焼売・アイスキャンデーなどの商品案内、店舗情報(お持ち帰り、チルド商品、レストラン)、催事情報、通販(オンラインショップ)、よくあるご質問、採用情報をご紹介。
シロクマ

大阪に住んでいた学生時代、テレビCM で何度も見ていたのですが、一度も食べたことがありませんでした。
551HORAI は「なんば」にあるイメージなので、当時は近くにお店がなかったのでしょうね。

551HORAIは、豚まん屋

551HORAI は、関西ではたいへん有名な豚まん屋さんです。
大阪に住んでいて、その名前を聞かない日はありません。

ゴーゴーイチの~、ぶ~たまん

関西では「肉まん」を「豚まん」、「とん汁」を「ぶた汁」と呼びます。

肉まんを食べる女性

551HORAI はそもそも蓬莱食堂として、1945年にスタートしました。
はじめのころは、カレーライスを販売していたそうです。

そのうちに豚まんシュウマイも売るようになりました。
アイスキャンデーは意外に早く、1954年には工場を作って販売を始めています。

551は、株式会社蓬莱を立ち上げた当時の、本社の電話番号である 64-551番に由来しています。
語呂合わせで「味もサービスもここいちばんを目指そう!」という意味もあるそうです。

フルーツ味が一番人気

551HORAIアイスキャンデーには、6種類の味があります。
洋風なチョコ味ミルク味、和風なアズキ味抹茶味、果物入りのパイン味フルーツ味です。

それらの中でダントツの一番人気は、イチゴとみかんとパインが入ったフルーツ味なのだそうです。
人気の理由は、3つのフルーツがもれなく均一に入っているからのようです。

ただあらかじめ混ぜ合わせておいたフルーツを使うと、どうしても偏りが出来てしまいます。
551HORAI ではそれを防ぐために、涙ぐましい努力をしているようです。

フルーツ味は、10人の人員を配置して

ということでフルーツ味を作るときだけ、機械のまわりに10人ほどの人員を配置しているそうです。
アイスキャンデーの型の中に、それぞれのフルーツの担当者が、1つずつ手作業で入れています。

たこ焼き器にタコを入れることに似ているので、「たこ焼き戦術」と呼んでいるのだとか。
多くの人員を必要とするので、フルーツ味だけは余分な人件費が掛かってしまうのです。

ところが不思議なことに、フルーツ味もフルーツ味以外も、まったく同じ値段で販売しているそうです。
大阪の人はそれを判っていて、フルーツ味のアイスキャンデーを買っているのかも知れません。

あとがき

551HORAI の工場には、アイスキャンデーを保管する冷凍倉庫がありません。
基本的には出来たてのアイスキャンデーを、そのままお店へ持って行くそうです。

工場長は、毎日その日に売れる分を予測してアイスキャンデーを作っている、と言っていました。
そもそもが豚まん屋なので、出来たてをお客さんに食べてほしい、という思いを持っているようです。

冷凍車

そのためアイスキャンデーは出来たてを、1日に 4回お店へ配送しています。
関西圏に限定して販売しているのも、工場から直接配送可能な範囲、という理由のようです。

アイスキャンデーは、551HORAIの公式通販サイトでも買えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました