【多拠点生活】気ままに家を移り住みたいときは、アドレスのマルチハビテーション

独り言
この記事は約3分で読めます。

TBSテレビの古い「がっちりマンデー!!」を見ていたら、「2021年 儲かりそうキーワード」特集でした。
近年変化している人々の暮らしに、ピッタリと寄り添ったビジネスが登場しているのだとか。

その中で特に気になったのは、アドレス(ADDress)のマルチハビテーションです。
アドレスの管理する全国各地のシェアハウスに、定額で住めるサービスなのだとか。

ADDress
月額4.4万円(税込)から、ADDressが日本各地に管理する家に住み放題。“好きな時に、好きな場所で、好きな暮らしを” ADDressは、そんな新しい生き方を実現する多拠点生活プラットフォームです。

もしかしたら平日と週末で住む場所が違う人や、テレワークの人にウケているのかも知れません。
これまではお金持ちにしか出来なかったことが、誰でもお手軽に出来るようになったのです。

スポンサーリンク

マルチハビテーションとは

マルチハビテーションとは、多拠点生活という意味です。
簡単に言うと、1つの家に住み続けるのではなく、複数の家に住むということです。

アドレスの管理するシェアハウスは、全国各地に 100ヶ所以上あるそうです。
そのうちのどこか 1室を、月々 4万円~の定額制で利用できるのだとか。

日本地図

移動回数に制限はないので、何度でもシェアハウスを移動できます。
それをアドレスでは「定額制の全国住み放題」と呼んでいました。

コスパ最高

アドレスシェアハウスは、コストパフォーマンス(略して、コスパ)が良いそうです。
定額料金の中に、ありとあらゆる費用が含まれています。

  • 初期費用なし  ……… 敷金や礼金、補償金などが一切なく、何度移動しても無料
  • 水道光熱費込み ……… 電気代やガス代、水道代はすべて込み
  • 生活必需品完備 ……… Wi-Fi通信や個室の寝具、台所や調理器具、家具や洗濯機も完備
  • 同伴者滞在無料 ……… 2親等以内の家族と指定したパートナー1名は、無料で利用できる
水道光熱費

番組では実際に、アドレスに会員登録している人が登場していました。
20数ヶ所のシェアハウスの間を移り住んでおり、たまに実家へ服や郵便物を取りに行くそうです。

個性的なシェアハウスが多い

アドレスシェアハウスには、内装がオシャレなものも多いそうです。
また自然がすぐ近くにあったり、窓から海を眺められたり、露天風呂付きまであったりするようです。

温泉の露天風呂

別の会員夫婦は、気分転換のためにアドレスシェアハウスを利用していました。
自宅でばかり仕事していると新鮮味が無くなるので、月のうち 1週間は滞在するそうです。

ちなみにどのようなシェアハウスがあるかは、アドレスのホームページから見られます。
試しに一度見てみるのも、面白いかも知れません。

空き家対策として

アドレスシェアハウスは、そもそも空き家になってしまった普通の民家なのだそうです。
空き家の多くは田舎にあるので売るに売れず、結構な費用が掛かるので壊すに壊せません。

そのような空き家をアドレスが安く借り受けて、シェアハウスとして安く貸しているそうです。
一見すると人気のなさそうな家でも、意外に人気があるのだとか。

空き家

空き家は毎年、どんどん増えています。
空き家のままだと固定資産税が掛かりますが、シェアハウスにすれば家賃が入ります。

空き家の修繕費用は家主の負担ですが、生活必需品はアドレスが用意して会員に紹介します。

あとがき

アドレスシェアハウスは、ごみごみした観光地よりも、自然豊かな地方の方が人気なのだとか。
自然豊かな地方は、物価もあまり高くないし、近所の人もおおむね親切です。

また住んでみて気に入ったら、家を買うこともできるそうです。
多拠点生活に疲れたら、お気に入りの土地に定住するのも良いかも知れません。

夕焼けとカカシ

田舎はいろいろと不便なことも多いのですが、住み慣れてしまえば居心地が良くなるものです。
それをことわざで「住めば都(みやこ)」と言います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました