【ママの寝不足解消】赤ちゃんを数分で寝かし付けたいときは、AHプロダクツのララコチェア

その他 ハードウェア
この記事は約3分で読めます。

TBSテレビの「がっちりマンデー!!」を見ていたら、「儲かるイス」特集をしていました。
外出自粛が叫ばれるようになって、自宅でイスに座ることが増えているのだとか。

その中で気になったのは、AHプロダクツが開発したという LaLaCo Chair(以下、ララコチェア)です。
なかなか寝付かない赤ちゃんも、簡単に寝かし付けられるそうです。

寝かしつけを助けるララコチェア | LaLaCoチェア
【公式メーカー直販ページ】座りだっこで赤ちゃんをあやし、寝かしつけを助ける椅子。人肌のぬくもりと安心感を与えながら寝かしつけ。体重で座面を押し込み、バネの反動で浮遊感のある揺れを起こします。シニア向けエクササイズチェアとしても大活躍。

もしかすると、何かと忙しいママの寝不足を解消できる、画期的なイスなのかも知れません。

結果には個人差があります。状態・状況によって寝かし付けられない場合があります。

バスに揺られて赤ちゃんが眠った

なかなか眠ってくれなくて困ったことは、赤ちゃんをアヤしたことがある人なら誰もが経験したはず。
AHプロダクツの社長も、自分の子どもが生まれたとき、まさにそうだったそうです。

座りながら赤ちゃんを抱っこするお父さん

ところが赤ちゃんと一緒にバスに乗って、抱っこしたまま座っていたところ、簡単に眠ってしまったのだとか。
確かにバスや電車の揺れは、子どもに限らず大人でも眠くなってしまいます。

日曜大工

これはイケる!、と感じた AHプロダクツの社長は、さっそく副業でイスの開発に取り掛かりました。
ということで出来上がったのが、ララコチェアです。

ララコとは、ララバイ(子守唄)+(子:女性の名前の最後によく付けられた文字)の造語。

安全性を考慮したものづくり

ただ開発はつぎのような課題をクリアしなければならず、試行錯誤の連続だったそうです。

  • イスが転倒しない仕組み
  • バネの耐久性

転倒しない仕組み

ララコチェアは、お母さんが赤ちゃんを抱っこしたまま座ることになります。
イスが転倒して、もしものことがあってはなりません。

イスが倒れてしまうのは、横方向の力が加わったときです。
ララコチェアは垂直にしか座面を押し込めないので、イスが倒れにくいように作られています。

なお座面を押し組むためには、良い姿勢で座らなければならないそうです。

バネの耐久性と安全性

ララコチェアの骨格部品は金属製で、たいへん丈夫に作られています。
またバネは自動車のサスペンションと同等のものなので、長年使用しても反動力が衰えません。

自動車のサスペンション

なおバネは、安全性を考慮してスプリングカバーで覆われています。
子どもが間違って、手をバネに挟まない作りになっています。

ちなみに木製の脚に使われている塗料は、JIS規格で最高レベルの安全性が認められています。

縦揺れで赤ちゃんは眠る

番組では実際にララコチェアを使っているという、若いご夫婦と赤ちゃんが登場していました。
ララコチェアに、赤ちゃんを寝かし付ける効果があるのかを検証します。

ゆめかわ赤ちゃん

赤ちゃんは、生後 8ヶ月の女の子。
ララコチェアを使い始めるまで、寝付きが悪くて苦労されたのだとか。

さてお母さんが赤ちゃんを抱っこしたまま、ララコチェアに座ります。
3分ほど縦揺れを繰り返していると、徐々にまぶたが閉じていき、赤ちゃんは眠ってしまいました。

あとがき

ララコチェアはそもそも、赤ちゃんを寝かし付けるために開発されたイスです。
ところが最近では、老人ホームにも売れ始めているそうです。

イスに座って運動するおばあさん

健康や体力を維持するため、正しい姿勢で上下運動するために、使われているのだとか。
思わぬところに需要があるものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました