【福井】敦賀市の赤レンガ倉庫から天筒山を越えて その2 (赤レンガ倉庫篇)

名所史跡めぐり
この記事は約4分で読めます。

今年(2020年)は暖冬なので、一部地域を除いて、あまり雪が積もっていません。
3月になってすこし春めいてきたので、久しぶりに福井県を訪れてみることにしました。

ところが国道8号線(敦賀バイパス)で道を間違えて、いつの間にか敦賀港のあたりへ。
とりあえず道路案内標識で気になった「敦賀赤レンガ」へ行ってみることにしました。

敦賀赤レンガ周辺の地図
敦賀赤レンガ周辺の地図

敦賀赤レンガの駐車場に自動車を停め、敦賀赤レンガに向かって歩き始めたら、「宇宙戦艦ヤマト」のブロンズ像群と国鉄の気動車「キハ28形」が展示されていたので、見て回りました。

スポンサーリンク

赤レンガ倉庫とオープンガーデン

さて、国鉄の気動車の前から赤レンガの建物の横を歩いてくると、敦賀赤レンガの入り口がありました。
入り口に掲げられているカラフルな看板には、ジオラマ館レストラン館が案内されています。

敷地の中に入ると、古びた赤レンガ倉庫があって、その真中に出入り口がありました。
赤レンガ倉庫の外壁には、右から左へ「紐育スタンダード石油会社」と書かれていた痕跡が残っています。

紐育とは、アメリカの都市「ニューヨーク」の漢字表記。

赤レンガ倉庫の前のオープンガーデンを見ると、くつろげるようにイスやテーブルが並べられていました。
ただ寒い冬の時期なので、のんびりと座っている人はいません。

https://tsuruga-akarenga.jp/

レストラン館を通り抜け、ジオラマ館へ

とりあえず赤レンガ倉庫の中に入ってみることにしました。
まず最初がレストラン館で通路の両側に賑やかな飲食店が並び、その奥がジオラマ館になっているようです。

敦賀赤レンガ倉庫ジオラマ館の入場券
敦賀赤レンガ倉庫ジオラマ館の入場券

レストラン館を通り抜けると自動券売機があったので、ジオラマ館の入場券を買いました。

入場券をよく見ると、ロシア語のキリル文字で「敦賀赤レンガ倉庫」と書かれているようです。
理由はよく判りませんが、敦賀は港町なので、ロシアと何らかの関係があったのかも知れません。

学生時代に NHK のロシア語講座を見ていたので、「Цуруга(ツルガ)」だけは読めます。
キリル文字はその成り立ちから、一部ギリシャ文字に似ています。

懐古的な巨大ジオラマ

さてジオラマ館の中に入ると、フロアいっぱいに敦賀港周辺のジオラマが広がっていました。
現在よりも海が近く田んぼがまだあるので、敦賀港が大規模に埋め立てられる前の風景なのでしょう。

ジオラマ館のジオラマは、実際の地図と違っており、印象的なものが寄せ集められています。
記憶の中にある懐かしの敦賀なので、「ノスタルジオラマ」なのかも知れません。

しばらく待っていると館内が暗くなって、青空が描かれたスクリーンに映像が映し出されました。
映像に合わせて、鉄道模型が線路を走り、小さな人形祭の山車(やま)が動きます。

ただあまりに巨大なジオラマなので、いろんな場所で起こる出来事をすべて見るのは無理でした。
余すことなくすべてを見るには、いろんな場所から何度もジオラマショーを見る必要があります。

欧亜国際連絡列車の終点

切符とハサミ

話は変わりますが、明治時代の日本では「新橋」発「パリ」行の切符が買えたそうです。
新橋は「日本の鉄道発祥の地」、パリはもちろんフランスの首都です。

東京・新橋から福井・敦賀までは、直通の欧亜国際連絡列車に乗り、敦賀でロシア行きの船に乗り換えます。
ロシア・ウラジオストクに着いたら、シベリア鉄道に乗ってヨーロッパに向かいました。

そのため当時の敦賀には西洋の文化が流れ込み、西洋的な近代建築が多く建てられたようです。
シルクハットの紳士やドレス姿の淑女も、まちを闊歩(かっぽ)していたのだとか。

次は、金崎宮に向かいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました