【福井】敦賀市の赤レンガ倉庫から天筒山を越えて その3 (ランプ小屋と金崎宮篇)

名所史跡めぐり
この記事は約4分で読めます。

今年(2020年)は暖冬なので、一部地域を除いて、あまり雪が積もっていません。
3月になってすこし春めいてきたので、久しぶりに福井県を訪れてみることにしました。

ところが国道8号線(敦賀バイパス)で道を間違えて、いつの間にか敦賀港のあたりへ。
とりあえず道路案内標識で気になった「敦賀赤レンガ」へ行ってみることにしました。

敦賀赤レンガ周辺の地図
敦賀赤レンガ周辺の地図

敦賀赤レンガの敷地に入ってオープンテラスを眺めたあとは、レストラン館を通り抜け、ジオラマ館ジオラマショーを鑑賞したりパネル展示を読んだりしました。

スポンサーリンク

金崎宮の参道の入り口へ

さて敦賀赤レンガ倉庫を見終わったので、次は金崎宮(かねがさきぐう)を参拝することにしました。
山の方を見ると、中腹に金崎宮が見えていますが、まっすぐには行けないようです。

駐車場の端にあった周辺地図を参考に、金崎宮を目指します。
すこし遠回りをすることになりましたが、金崎宮の参道の入り口に着きました。

参道の入り口には、金前寺(こんぜんじ)の本堂があります。
本堂の裏手に回ると、松尾芭蕉がここで一句詠んだことに由来する、芭蕉翁鐘塚が建てられていました。

青森県の「弘前」が「ひろさき」と読めるように、「金前」は「かねがさき」とも読めます。
金前寺というお寺の名前は、金崎宮と同様に、地名から来ていると思われます。

旧敦賀港駅ランプ小屋

金ヶ崎停車場ランプ小舎
ランプ小屋外観

芭蕉翁鐘塚から参道を横切り階段を下りてくると、旧敦賀港駅ランプ小屋があります。
屋根瓦が葺(ふ)き直され、赤レンガの目地が補修されているので、明治時代の建物のようには見えません。

当時は信号灯がまだ電化されていなかったので、たくさんの石油ランプが信号灯として用いられました。
ランプ小屋とは、それらの石油ランプを保管したり、燃料を補給したりするための施設です。

石油ランプの燃料は灯油で、当時そのほとんどはアメリカから輸入されていました。

ランプ小屋の内部は 2つの部屋に仕切られており、左側はパネル展示、右側は当時の様子を再現しています。
右側の部屋に入ってみたら、未だに灯油の臭いが残っていたので、むせてしまいました。

金ヶ崎城跡に建てられた、金崎宮

さて参道の階段を登ってくると、石の大鳥居が現れました。
大鳥居をくぐると、あたりにたくさんのベンチが置かれていましたが、参拝者の姿はありません。

奥へ歩いていくと、立派な拝殿と塀に囲まれた本殿があったので、本殿の前まで進んでお参りしました。
若い女性が多いのか、賽銭箱の横には恋みくじも置いてあります。

金ヶ崎案内鳥瞰図
金ヶ崎案内鳥瞰図

ちなみに金崎宮金ヶ崎城跡に建てられた神社で、後醍醐天皇の 2人の皇子が祀(まつ)られています。
南北朝時代には新田義貞足利軍が、戦国時代には織田信長朝倉義景が、この場所で戦いました。

〜難関突破と恋の宮〜 「金崎宮」ホームページへようこそ!
難関突破と恋の宮の金崎宮

花換まつり

花換まつりのポスター
花換まつりのポスター

金崎宮では 4月前半に、花換まつり(はなかえまつり)が執り行われます。
福娘に「花換えましょう」と声を掛け、お互いの手に持った桜の小枝を交換するのだそうです。

福娘は神様の代理なので、つまりは神様と桜の小枝を交換したということ。
返ってきた桜の小枝は、神様から授かったお守りということになります。

花見するカップル

桜の小枝は交換すればするほど、幸せが宿ると言われているので、さらにいろんな人と交換します。
そもそもは男女間で、相手へ思いを伝えるためのキッカケだったようです。

次は金ヶ崎城跡を歩きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました