【京都】天橋立を傘松公園から股のぞきした話 その1 (宮津市まで篇)

名所史跡めぐり
この記事は約3分で読めます。

福井県敦賀市(つるがし)から、京都府宮津市(みやづし)の天橋立(あまのはしだて)まで、自動車道を通って行けるようになりました。

ということで以前、自動車道を通って天橋立を見に行ってきました。

ただそのときは、自動車道がつながってから、もうすでに数年が過ぎていたのですけどね。

スポンサーリンク

前回は残念ながら断念!

曲がり道

実はかなり以前、国道27号線(丹後街道、たんごかいどう)を通って、天橋立を見に行こうとしたことがありました。

そのころはまだ、敦賀と天橋立をつなぐ自動車道はありません。

途中の道の駅で休憩したりしながら、ひたすら西に向かって車を走らせました。
しかし、一向に天橋立は見えてきませんでした。

舞鶴の茶畑で道に迷って

茶摘み娘

京都府の舞鶴市(まいづるし)に入ったところで行くのを諦めて、引き返そうとしたのですが、横道に入ったら運悪く道に迷ってしまいました。

そのとき、山の斜面にある茶畑の中を車で右往左往したので、舞鶴と聞くとそのときの光景が脳裏によみがえってきます。

舞鶴若狭自動車道に乗って

驚きの運転手

さて、福井県の敦賀ジャンクションから、西へと向かう舞鶴若狭自動車道は、はじめて通る自動車道だったので、多少緊張しながら走っていました。

ほとんど山間部ばかりを通る道で、まだまだ片道1車線のところも多く、しかもたびたび高架橋の上を走ります。

かなり走ったので、この先どう行けばいいか調べるため、綾部(あやべ)パーキングエリアに入りました。

綾部パーキングエリアで危機一髪!

車を駐車スペースに停めて地図を探すと、ついでに行ったトイレの脇で見つけられました。
その地図を見てビックリです!

なんと、このあとすぐに通る綾部ジャンクションで、綾部宮津道路に乗り換えて、北に進まなければならないところでした。

冷や汗

危うく乗り過ごしてしまうところです。

しばらく休憩したあと、ふたたび自動車道に乗り、無事天橋立へと続く道路に乗り換えられました。

綾部宮津道路で万葉にふれる

綾部宮津道路を走っていると、大江山(おおえやま)と書かれた看板を発見しました。

百人一首

大江山と言えば思い出すのが、小倉百人一首の中に出てくる、小式部内侍(こしきぶのないじ)の和歌です。

小野小町

大江山 いく野の道の 遠ければ まだふみもみず 天の橋立

京都で行われた歌を詠む大会のときに、からかわれて咄嗟(とっさ)に詠んだ歌です。
ちょっと万葉の空気に触れたような気がして、うれしくなりました。

ただ周囲に見えるのは山ばかりです。
悲しいかな、どの山が大江山なのか、さっぱり判りませんでした。

はじめての宮津

綾部宮津道路を宮津天橋立インターチェンジで降りると、案内板にしたがって北へ右折しました。

はじめて来たので、ちょっとドキドキです。

つぎは、道の駅「海の京都 宮津」がある交差点「浜町」で西へ左折です。
あとは、案内板が天橋立までの道を教えてくれました。

駐車場

道路脇を歩く人が多くなってくると、天橋立はすぐ近くです。
しかし、駐車料金のことを考えて、ちょっと離れたところの広い駐車場に車を停めました。

駐車場にて情報収集

天橋立を股のぞき

駐車場のおじさんに、天橋立を股のぞきする場所は、どこがお勧めかと尋ねました。

すると、どちら側の山の上からもできるけど、通常は向こう側の傘松公園から股のぞきをするとのこと。
以前皇室の方がいらっしゃったときも、向こう側に行かれたそうです。

はじめてなので言われるがまま、向こう側の傘松公園から股のぞきすることにしました。
ただ、せっかく来たので、天橋立を歩いて渡ることに。

歩く男性

とりあえず、天橋立のたもとへ歩いていきました。

次回は、天橋立を歩いて渡ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました