【滋賀】雪野山山系の安妃山に登ってきました その3 (安妃山散策路入り口篇)

森の中を歩く二人 超低山登山
この記事は約4分で読めます。

滋賀県の湖東地域には、近江八幡市(おうみはちまんし)と東近江市(ひがしおうみし)、蒲生郡竜王町(がもうぐん りゅうおうちょう)にまたがる雪野山山系があります。

前々回と前回は雪野山古墳童子山展望台など、雪野山山系の南の方を歩いてきました。
今回は雪野山山系のうち、まだ歩いたことのない安妃山(あんきさん)を中心に歩きます。

【滋賀】雪野山山系の安妃山に登ってきました その1 (駐車場から謎の石垣へ篇)
滋賀県の湖東地域には、近江八幡市(おうみはちまんし)と東近江市(ひがしおうみし)、蒲生郡竜王町(がもうぐん りゅうおうちょう)にまたがる雪野山山系があります。 前々回と前回は雪野山古墳や童子山展望台など、雪野山山系の南の方を歩いてきました。 今回は雪野山山系のうち、まだ歩いたことのない安妃山...
雪野山散策道 案内図

雪野山散策道 案内図

雪野山山系の尾根道まで登って、鉄塔の横の分岐点まで往復したあとは、雪野山の北の峰を越え、急な下り階段の途中で安妃山の姿を眺めました。

スポンサーリンク

古墳群の一つなのかも?

さらに急な下り階段は続きます。
途中でヒノキの植林地帯を通りましたが、まだまだふもとまでは遠いようです。

数え切れないほどの階段を下りていくと、ようやく眼下に平らな場所が見えてきました。

古墳と思われる土盛り

古墳と思われる土盛り

しかし平らな場所だと思われたのは、単なる中だるみだったようです。
小高い土の盛り上がりがあるので、そこを迂回するように山道が通っているだけでした。

前方後円墳

ただここだけ急に土が盛り上がっているのは、何とも不自然です。
案内板などはありませんが、どうやらこの場所は雪野山に点在する古墳の一つのようです。

尾根越えの道ですこし横にずれて

古墳らしき場所からふたたび階段を下り始めると、すぐに分岐点に差し掛かりました。

その場所は、近江八幡市新巻町(おうみはちまんし しんまきちょう)と東近江市中羽田町(ひがしおうみし なかはねだちょう)をつなぐ尾根越えの道「女坂」の峠にあたります。

多聞院の駐車場は、雪野山登山の際の駐車場としても利用できる。
安妃山散策路はアチラ

安妃山散策路はアチラ

安妃山ハイキングコース(安妃山散策路)は、すこし左(西)の方へずれたところから始まっています。

むかしの宿場町などでは防衛上の理由から、見通しを悪くするため、四ツ辻をずらすことがありました。
よく似ていますが、それとは何だか違うようです。

いよいよ安妃山ハイキングコースへ

安妃山ハイキングコースの入り口

安妃山ハイキングコースの入り口

雪野山の鉄塔へ寄り道していたので、かなりの遠回りになってしまいましたが、ようやく安妃山ハイキングコース(安妃山散策路)の入り口に立ちました。

古墳らしき土盛りの横を

古墳らしき土盛りの横を

登り始めるとすぐに気づいたのですが、右側の土の盛り上がりが不自然に波打っていました。
どうやらここにも古墳が、しかも尾根に沿って連続して築かれているようです。

反復横跳び

先程の尾根越えの道で安妃山ハイキングコースへの入り口が横にずれていたのは、この連続した古墳を避けていたからなのでした。

あずま屋はさらに階段の上

見た感じでは、安妃山ハイキングコースもたまに草刈りされているようです。
ただ夏場は草の伸びるのが速いので、歩く人が少ないと、すぐに山道が草茫々になってしまいます。

そんな草むらの中を歩いていくと、階段を上った先にあずま屋の屋根が見えました。

階段の上にあずま屋

階段の上にあずま屋

ただあずま屋はコースの横の高い場所にあります。
そこで休憩するためには、コースを外れてさらに階段を登る必要があります。

あずま屋から

あずま屋から

草むらの歩いた跡を見ると、あずま屋に立ち寄らず、素通りしてしまう人もいるようでした。

 

さらに安妃山ハイキングコースを歩いていきます。

【滋賀】雪野山山系の安妃山に登ってきました その4 (天神社からみつばつつじの丘へ篇)
滋賀県の湖東地域には、近江八幡市(おうみはちまんし)と東近江市(ひがしおうみし)、蒲生郡竜王町(がもうぐん りゅうおうちょう)にまたがる雪野山山系があります。 前々回と前回は雪野山古墳や童子山展望台など、雪野山山系の南の方を歩いてきました。 今回は雪野山山系のうち、まだ歩いたことのない安妃山...

コメント

タイトルとURLをコピーしました