【滋賀】雪野山山系の安妃山に登ってきました その5 (溜池展望台から南の盆の木跡展望台へ篇)

森の中を歩く二人 超低山登山
この記事は約4分で読めます。

滋賀県の湖東地域には、近江八幡市(おうみはちまんし)と東近江市(ひがしおうみし)、蒲生郡竜王町(がもうぐん りゅうおうちょう)にまたがる雪野山山系があります。

前々回と前回は雪野山古墳童子山展望台など、雪野山山系の南の方を歩いてきました。
今回は雪野山山系のうち、まだ歩いたことのない安妃山(あんきさん)を中心に歩きます。

【滋賀】雪野山山系の安妃山に登ってきました その1 (駐車場から謎の石垣へ篇)
滋賀県の湖東地域には、近江八幡市(おうみはちまんし)と東近江市(ひがしおうみし)、蒲生郡竜王町(がもうぐん りゅうおうちょう)にまたがる雪野山山系があります。 前々回と前回は雪野山古墳や童子山展望台など、雪野山山系の南の方を歩いてきました。 今回は雪野山山系のうち、まだ歩いたことのない安妃山...
雪野山散策道 案内図

雪野山散策道 案内図

安妃山ハイキングコースあずま屋からは道をなだらかに下っていって、途中で天神社に寄り道したあとは、季節はずれのみつばつつじの丘まで来ました。

スポンサーリンク

溜池展望台からの眺め

さらに雑木林の中を歩いていくと、「溜池展望台」と名付けられた場所に着きました。
ただふもとを見回しても溜池は無さそうです。

もしかすると、耕地整理をしたときに埋めてしまったのかも知れません。

溜池展望台からは、すこし見える範囲が狭かったのですが、遠くの方までよく見えました。

稲刈り機

繖山(きぬがさやま)の方角を見ると、その手前から煙が上がっています。
きっと稲刈りが終わったので、もみ殻などを燃やしているのでしょうね。

3つ連なった古墳

溜池展望台からも安妃山ハイキングコースはさらに下っていきます。

 

するとすぐ、山道の右側の地形に違和感を感じました。
木が生えているので判りにくいのですが、よく見ると地面が波打っていました。

前方後円墳

どうやらこの場所には、3つの連続した古墳が存在しているようです。

古墳は大きくて目立つので、赤の他人が偶然、すぐ隣に古墳を造ったりはしません。
すぐ近くに造られたということは、たぶん家族や一族などの親しい関係なのでしょう。

谷間のぬかるみを越えて

さらに山を下っていくと山の尾根が急にえぐれて、谷になっていました。
谷の斜面があまりにも急なので、安妃山ハイキングコースは一旦、谷に沿って下りていきます。

飛び石を渡って

飛び石を渡って

すると谷底の泥濘(るかるみ)には、渡りやすいように飛び石が一直線上に敷き詰めてありました。
ただそのまま真っ直ぐに進んでしまうと、ふもとへ下りてしまいます。

ということで今度は谷に沿って上っていき、ふたたび尾根道へと戻りました。

しかしこの場所は、何だか人工的に造られた地形のような気がします。
この場所は歌坂峠という尾根越えの道のようなので、尾根を削って越えやすくしたようです。

南の盆の木跡展望台

谷を渡ってくると、久々に急な上り坂が始まりました。
いよいよ安妃山に向けて本格的に登るのかと思ったのですが、そうでも無かったようです。

しばらく歩いていると、盆の木跡展望台に着きました。
名前になるぐらいなので、むかしこのあたりには盆の木が群生していたのでしょうか?

盆の木とは、トウダイグサ科の落葉高木のこと。別名をアカメガシワという。
盆の木跡展望台から

盆の木跡展望台から

盆の木跡展望台に上がって、景色を眺めてきました。
範囲が狭いので見えるのは、太郎坊宮がある箕作山(みつくりやま)ぐらいでした。

 

さらに安妃山ハイキングコースを歩いていきます。

【滋賀】雪野山山系の安妃山に登ってきました その6 (北の盆の木跡展望台から安妃山頂上篇)
滋賀県の湖東地域には、近江八幡市(おうみはちまんし)と東近江市(ひがしおうみし)、蒲生郡竜王町(がもうぐん りゅうおうちょう)にまたがる雪野山山系があります。 前々回と前回は雪野山古墳や童子山展望台など、雪野山山系の南の方を歩いてきました。 今回は雪野山山系のうち、まだ歩いたことのない安妃山...

コメント

タイトルとURLをコピーしました