【岐阜】各務原市の愛宕山と双子山と八木山を歩いて その2 (登り口から愛宕山へ篇)

超低山登山
この記事は約3分で読めます。

岐阜県各務原市(かかみがはらし)には、愛宕山(あたごやま)があります。
八木山自然の会によって登山道が整備されており、愛宕山から八木山(やぎやま)まで歩けるようです。

ということで、愛宕山から双子山経由で八木山まで歩いてきました。
下山したあとは、すその道と名付けられた山道を通ることで、時計回りに一周しています。

愛宕山・双子山・八木山周辺地図
愛宕山・双子山・八木山周辺地図

おがせ池(苧ケ瀬池)から、愛宕神社を経由して、愛宕山口まで来ました。

愛宕山口から展望岩へ

さて愛宕山口からは、案内板にしたがって西登山道を登っていきました。
しっかりと整備されているので、歩きやすい山道になっています。

しばらく横がけ道を西へ進んだあとは、尾根筋に移って今度は東へ登っていきました。
程なく、見晴らしの良い展望岩に着きます。

展望岩から左手を見ると、ふもとに巨大なおがせ池が見えました。
龍が棲んでいるのではないか、とむかしの人が考えるのも、何だか妙に頷(うなづ)けます。

愛宕神社奥宮に寄り道

展望岩からゴツゴツした岩場を登っていくと、文字の消えかけた愛宕神社奥宮への案内版がありました。
折角なので、奥宮にも寄っていくことにします。

細道をたどっていくと、すぐ愛宕神社奥宮に着きました。
石垣の上には、しめ縄の飾られた小さな祠(ほこら)が安置されています。

後ろの巨岩を見ると、人が数人入れるほどの洞穴がありました。
人工的に拡張した跡があるので、かつて奥宮が祀(まつ)られていた場所かも知れません。

岩場をつぎつぎと乗り越えて

さてふたたび尾根筋を登り始めると、急勾配の岩場が目の前に現れました。
登っても登ってもその後ろに岩場が控えているので、余計なことを考えずにひたすら登っていきます。

岩場をいくつも乗り越えていくと、また展望岩がありました。
いい加減、岩場を登るのにも疲れたので、ちょっとだけ景色を眺めていくことに。

展望岩から眼下を眺めると、「各務野(かかみの)」と呼ばれる広々とした平野が広がっていました。
面影は残っていませんが、むかしは田畑がなく青草だけが生える場所だったようです。

新撰美濃志のコマ番号:415/446
国立国会図書館デジタルコレクションより

愛宕山頂上

ということで、さらに岩場を登っていくと、ようやく愛宕山頂上にたどり着きました。
愛宕山の頂上であることを示す、立派な立て札が立てられています。

三角点のそばには、天之御中主神大己貴命少彦名命の三柱を祀(まつ)った石碑が安置されていました。
割れている石碑もあるので、割れるたびに新しく置かれたのかも知れません。

犬山城

愛宕山頂上の岩場からは、木曽川の向こう岸にそびえる犬山城が見えました。
やっぱり山頂からの景色が一番良いですね。

つぎは双子山の方へ歩いていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました