【岐阜】各務原市の愛宕山と双子山と八木山を歩いて その3 (愛宕山から八木山へ篇)

超低山登山
この記事は約6分で読めます。

岐阜県各務原市(かかみがはらし)には、愛宕山(あたごやま)があります。
八木山自然の会によって登山道が整備されており、愛宕山から八木山(やぎやま)まで歩けるようです。

ということで、愛宕山から双子山経由で八木山まで歩いてきました。
下山したあとは、すその道と名付けられた山道を通ることで、時計回りに一周しています。

愛宕山・双子山・八木山周辺地図
愛宕山・双子山・八木山周辺地図

愛宕山口から、途中で愛宕神社奥宮へ寄り道したあと、愛宕山頂上まで登ってきました。

愛宕山から双子山へ

さて愛宕山からは、双子山のある八木山方面へ歩いていきました。
いきなり急勾配の下り階段が始まったので、つまずいて転ばないよう慎重に下っていきます。

双子山へと向かう途中には、イノシシが地面を掘り返してエサを探した跡が残っていました。
いくら市街地が近いといえども、やっぱり熊よけ鈴は必要なようです。

鞍部を過ぎてふたたび登り始めると、あっさり双子山頂上に着きました。
ただ取り立てて面白いものはないので、さっさと出発してしまうことに。

\すこし重いけど大きな音がしますよ/

双子山から鎖のある岩場へ

双子山から八木山方面へ下ってくると、鞍部に清水谷道への分岐がありました。
体力に自信のない人は、ここから下ってしまうことも出来そうです。

鞍部から岩場を登り返していると、登山道が二股に分かれていました。
おすすめはピンク色リボンのある緩やかな道(迂回路)のようですが、このまま岩場を登っていくことに。

岩場には鎖があるものの、足を掛けられる場所があるので、掴まらずとも普通に登っていけました。
途中の展望岩からは、これまで歩いてきた双子山愛宕山を眺められます。

なおも険しい岩場が続く

さらに鎖のある岩場を登っていくと、神様の名前が刻まれた石碑が並べられていました。
伊邪那美尊伊邪那岐尊帝釈天尊国常立尊国狭槌尊月夜見尊の順番です。

帝釈天尊だけ種類が異なるようですが、全体として何をお願いしているのでしょうか。
すこし気になります。

程なく迂回路と合流したら、さらに岩だらけの尾根筋を登っていきました。
八木山頂上にたどり着く手前(西側)には、東登山道への分岐点があります。

山岳信仰の盛んな、八木山頂上

ということで、デコボコした岩だらけの八木山頂上にたどり着きました。
奥へ進むと比較的平らな広場があって、「八木山山頂」と書かれた立て札が立てられています。

岩場に石碑が立てられているので見に行くと、どれにも山の名前が刻まれていました。
山岳信仰が盛んだったようなので、かつては修験者が修行していたのでしょう。

折角なので、八木山頂上からも景色を眺めてみました。
山頂に自生しているマツの木が邪魔で、残念ながら景色がよく見えません。

つぎは八木山から下山していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました