【岐阜】各務原市の愛宕山と双子山と八木山を歩いて その4 (八木山から下山して篇)

森の中を歩く二人 超低山登山
この記事は約3分で読めます。

岐阜県各務原市(かかみがはらし)には、愛宕山(あたごやま)があります。
八木山自然の会によって登山道が整備されており、愛宕山から八木山(やぎやま)まで歩けるようです。

ということで、愛宕山から双子山経由で八木山まで歩いてきました。
下山したあとは、すその道と名付けられた山道を通ることで、時計回りに一周しています。

愛宕山・双子山・八木山周辺地図
愛宕山・双子山・八木山周辺地図

愛宕山から、双子山を経由して、八木山まで来ました。

八木山から下山して

さて八木山頂上からは、岩の多く露出する東登山道を下っていきました。
急勾配の岩場にはトラロープが張られていますが、どの木も細いのであまり当てには出来ません。

東登山道の中程には、山神の石碑が安置されていました。
ふもと近くになると、愛宕山頂上にあった石碑と同じ神様が祀(まつ)られた祭壇もあります。

ということで、八木山登山道入り口に着きました。
谷側を見下ろすと、八木山のすそ野に造成された団地が見えます。

すその道を通って、水道局施設

八木山口からは、比較的なだらかなすその道を歩いていきました。
程なく水道局施設に突き当りますが、すその道はフェンスに沿って左へ続いています。

水道局施設をかわすと、今度は建物へと降りていく石段と細い山道の二股に分かれていました。
山道の方がすその道だと思われますが、建物の前に駐車している自動車が気になります。

とりあえずすその道を進んだあと、清水谷道を下ってみると、その建物も水道局施設でした。
知る人ぞ知る駐車場らしく、門前の道路のうち通行に余裕のある部分を、登山者に開放しているようです。

ダム広場を通って、愛宕山口へ

ということで、ふたたび山中へ戻ってすその道を歩いていきました。
「すそ野」と名付けられている割には、結構高い場所を歩いたりするのですけどね。

しばらくすると、まだ出来たばかりのような砂防ダムに差し掛かりました。
砂防ダムは立入禁止なので、一旦谷側へ下ってダム広場の橋を渡り、山側へ登り返します。

続くすその道を歩いていくと、程なく振り出しの愛宕山口に着きました。
ときどき判りにくい場所があるので、山際の団地内道路を歩いた方が簡単で早いかも知れません。

あとがき

愛宕神社を訪れたときに、岩屋の中に役小角(えんのおずの)像が安置されていました。
八木山三山山岳信仰が盛んで、かつては多くの修験者が修行していたのでしょう。

役小角

愛宕山から双子山を経て八木山まで歩いてみると、急勾配の岩場が多くて結構楽しめました。
市街地から近いので、今では格好のハイキングコースになっているようです。

八木山頂上にいたとき、北尾根道を登ってくる登山客を見かけました。
各務野自然遺産の森のあたりに登り口があるので、いずれ登ってみたとと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました