【パラコード】アトウッド製パラコードで人形を編んだら、大きさがバラツキました

その他 ハードウェア
この記事は約7分で読めます。

最近は、パラコードを使っていろいろなものを編むのにハマっています。
この前まではブレスレットを編んでいたのですが、他にもっと面白いものはないか探してみることに。

するとユーチューブ(YouTube)で、人形の編み方を公開している人がいました。
手足付きのものや腕組みしているようなもの、直立しているものなど、さまざまです。

ミイラ男

直立する人形を一つ編んでみると、可愛らしかったので、持っていた 5色すべてで編んで見ることに。
編み目の数を揃えたのですが、人形の大きさにバラツキが出てしまいました。

使用したパラコード

パラコード550
アトウッド 550パラコード

人形を編むのに使ったパラコードは、アトウッド(ATWOOD)製です。
アメリカのロープメーカーで、アメリカの軍隊や警察、消防にも納入しているそうです。

ただ使ったのは 550パラコードという商用品なので、軍用品に比べると性能面で劣るようです。
それでもアメリカの引張強度テストで、550ポンド(約250キログラム)の重さに耐えたのだとか。

ブレスレット人形を編むぐらいなら、十分な丈夫さがありそうですけどね。
ブランコに使ったりすると、遠心力で過度な負荷がかかって、切れてしまうかも知れません。

\どのショップで探しますか?/

直立する人形を編む

パラコードで編んでみたのは、「ラッキーフラットマン」と呼ばれる直立する人形です。
体中をぐるぐる巻にされているので、「ミイラ男」と呼ぶ人もいるようです。

ラッキーフラットマン
ラッキーフラットマン

直立する人形が編み上がったら、早速カバンに取り付けてみました。
真っ黒で地味だったカバンがワンポイントを得て、ほんのちょっぴり華やかに見えます。

ふぞろいなラッキーフラットマン
ふぞろいなラッキーフラットマン

勢いに乗って、持っていた 5色のパラコードそれぞれで、直立する人形を編んでみました。
編み目の数を揃えたのですが、大きさにバラツキが出ています。

バラツキの原因は

パラコードのインナーコードを確認
インナーコードを確認(左からネオンオレンジ、ネイビーブルー、アークティックカモ、オリーブドラブ、デザート)

バラツキの原因を調べるため、5色のパラコードを調べてみることに。
色の付いた外装の中に入っている、白いインナーコードを引っ張り出して、それぞれ広げてみました。

オレンジ色紺色のインナーコードは、7本すべてが太くて品質に問題はありません。
緑色薄茶まだら色のインナーコードは、7本の中に細いものが 2本混じっています。

白まだら色のインナーコードに至っては、そもそも 6本しかなく、しかも細いものが 2本混じっていました。
直立する人形の大きさにバラツキが出たのは、インナーコードのせいだったのです。

あとがき

アトウッドは、アメリカ軍にも納入しているロープメーカーということで、安心していたのですけどね。
製品の品質は、期待していたほどでもなかったようです。

軍事基地

アトウッドのパラロープには、6つのタイプと 2つのグレードがあって、仕様が異なっているのだとか。
もしかして、この程度の品質のバラツキは、仕様の範囲内なのでしょうか?

なお今回使ったのはタイプ3 ✕商用グレードで、もっとも流通量の多いものだそうです。
アクセサリーを作るならまだしも、身体を預けたりするのはちょっと怖いような気がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました