【文章力向上】最後まで読まれる文章を効率よく書くために、たいへん役に立つ本

この記事は約4分で読めます。

ブログを書いていく上で、読みやすい文章を書くことは重要です。
文章が読みやすくないと、読み手は途中で嫌になって、読むのを止めてしまうからです。

文章を書く男性

ボクもまだまだ文章を書く修行中なので、偉そうなことは言えません。
ただ、ある本を読んでみたら、たいへん役に立ったので、紹介したいと思います。

それは「新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング」という本です。
この本を読んでからというもの、いろんなことを意識しながら、文章を書くようになりました。

書く前の準備が大切

たとえば、いきなり丸太と大工道具を渡されて、「本棚を作れ」と言われても難しいでしょう。

しかし、天板や側板、底板、棚板などの部品があらかじめ加工してあり、手順書が用意されていれば、多くの人が本棚を組み立てられることでしょう。

組み立て式家具

文章も同じようなやり方をすれば、比較的ラクに文章を書けるそうです。

まず全体としてどのようなことを書くのかを決めて、次にそこに何を書きたいか細かいことを決め、どの順番に並べるのかを決めるといいそうです。

ただ今でも適当に書き始めてしまうことがあるので、偉そうに言えません。

何度も読み返して、文章を直す

むかし書いた文章を読み返してみると、たまに誤字や脱字を見付けることがあります。
何度も読み返して確認したはずなのに、おかしなものです。

人間の脳は、間違った文章でも自動的に補正して、正しい文章として理解するのだそうです。
つまり間違いがないかじっくりと読まなければ、正しい文章にみえてしまうということ。

文章を校正する男性

そのことに注意しながら、さらに文章の見た目と読んでみた調子を整えるのだとか。
たとえば、漢字または平仮名ばかりが続いたりすると読みにくいので、直したりします。

なるべく判りやすく

テレビを見ていると、難しい熟語や法律用語を、当たり前のように使って話す人がいます。
難しい言葉づかいをすると、賢そうに見えると思っているのかも知れません。

確かに熟語や法律用語の中には、世の中で頻繁(ひんぱん)に使われているものもあります。
しかしそのほとんどは、同じ音なのに違う意味の言葉もあったりして、判りにくいのです。

記者会見をする男性

文章も同じです。

せっかく読んでもらっているのだから、難しい熟語や言い回しをむやみに使わないようにしています。
使った方が判りやすいと思われる場合は、補足説明を付け加えることにしています。

あとがき

本を読んだからといって、すぐその本に書かれていた通りに出来るわけではありません。
日々の積み重ねが大事です。

ブログをする男性

これからも毎日、最後まで読まれる文章を掛けるように、ブログを更新していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました