【歯ぎしり予防】眠るときはいつも、歯にデンタルマウスピースをはめています

独り言
この記事は約6分で読めます。

以前、一泊二日の家族旅行に出掛けたときのこと。
朝起きたら家族から、寝ているときの歯ぎしりがうるさい、と言われました。

それまで全然自覚がなかったので驚きましたが、一時的なものかと思い放っておくことに。
ところがしばらく経つと、歯の先端が削れて角張ってきました。

歯ぎしり

仕方がないので、眠るときには市販のデンタルマウスピースをはめています。
初めのうちは慣れなかったのですが、現在は朝までぐっすり眠れています。

スポンサーリンク

デンタルマウスピースはどこで手に入れる?

さてデンタルマウスピースをはめることにしましたが、どこで手に入れれば良いのか判りません。
そう言えば以前、テレビ番組「きらきらアフロ」の中で、松嶋尚美さんが次のようなことを言っていました。

歯ぎしりがひどいので、歯医者でマウスピースを作ってもらった。

歯医者の建物

ということで、近くの歯医者さんを受診したときに、それとなく聞いてみました。
ただいろいろと話した最後に付け加えたため、忘れられたようで、今も対応してもらえていません。

聞いた話では、歯医者さんで作ると良いものが出来るそうですが、高く付くそうです。

インターネットで調べて購入

仕方なくインターネットで検索してみると、いくつもデンタルマウスピースが出てきました。
何でも揃っているインターネットで、初めから検索すれば良かったのです。

デンタルマウスピース

さてデンタルマウスピースには、大まかに全体を覆うタイプ奥歯だけのタイプがあります。
ボクの場合、前歯のすり減りも気になるので、全体を覆うタイプを選びました。

また自分の歯型に合わせるとき失敗しても良いように、念のため 2個入りのもの。
旅行にも持っていけるように、専用ケース付きのものを選びました。

自分の歯形を作る

まずは裏面の歯形の作り方にしたがい、電子レンジで温めてみましたが、なぜか上手に温まりませんでした。
容器の形状、水の量、手際の悪さなど、いろいろと考えられますがよく判りません。

白湯

あらかじめ温めておいた湯呑の中にお湯を入れ、デンタルマウスピースを入れると、すぐ柔らかくなりました。
縮んだようになるので箸で持ち上げ、すこし冷まして上の歯に押し当て、しばしギュッと噛みます。

すると、キレイに歯形が付いたデンタルマウスピースが出来上がりました。
一晩使ってみましたが、特に違和感はありませんでした。

実際には、お湯に浸けて歯に押し当ててを、気に入るものが出来るまで、2~3回繰り返しました。

あとがき

市販のデンタルマウスピースは自分で歯形を作れますが、うまく作らないと効果が出ません。
もしかすると効果が出ないだけでなく、悪化したりするかも知れません。

治療中の歯医者さん

そんなときは多少高くても、歯医者さんに相談した方が良さそうです。
歯医者さんなら、しっかりとしたデンタルマウスピースを作ってくれるでしょう。

そうは言ってもデンタルマウスピースは、歯ぎしりしなくなるだけなのですよね。
朝起きると、アゴの付け根が疲れているのは、一向に直りません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました