【辞書】どの辞書も大体同じって本当ですか? その3 (国語辞典篇)

独り言
この記事は約4分で読めます。

ボクは、20年以上むかしに買った辞書を、つい数年前まで使っていました。
20年も経てば、辞書もいろいろと進化していて、使いやすくなっているはずです。

「どの辞書も、大体同じですよ」と言った、本屋の店員の方もいるらしいのですが、どんな辞書が良いか調べて、英和辞典、国語辞典そして漢和辞典を買い替えてしまいました。

国語辞典

最後は、国語辞典を買い替えた話です。

【辞書】どの辞書も大体同じって本当ですか? その1 (英和辞典篇)
ボクは、20年以上むかしに買った辞書を、つい数年前まで使っていました。 20年も経てば、辞書もいろいろと進化していて、使いやすくなっているはずです。 「どの辞書も、大体同じですよ」と言った、本屋の店員の方もいるらしいのですが、どんな辞書が良いか調べて、英和辞典、国語辞典そして漢和辞典を買い替...
スポンサーリンク

それまで使っていた国語辞典は

それまで長い間、使っていた国語辞典は、三省堂の「新明解国語辞典 第四版 小型版」というものでした。

新社会人

社会人になったときに、同期の友達が会社で、その国語辞典を使っていたのです。
何度か貸してもらったところ、大変使いやすかったので、欲しくなって買いました。

「新明解国語辞典 第四版」は、「新解さんの謎 (文春文庫)」という本が出版されたことで、テレビなどでも話題になったユニークな辞書です。

大笑いする女性

見出し語の説明文が、ところどころ一種独特な記述になっているので、大衆にウケたのです。

しかしこの頃は、そんな面白い国語辞典ではなくて、真っ当な説明がしてある国語辞典が欲しくなりました。

本屋で国語辞典をチェック

インターネットで、国語辞典はどれがお勧めなのか調べてみましたが、よく判りません。

本屋

だから実際に本屋に出掛けていって、平積みにされている国語辞典の中身を、手当たり次第にチェックしていきました。

すると、この頃テレビでよく見かける、言語学者の金田一秀穂さんが、編纂(へんさん)された国語辞典を見つけました。

それは、学研マーケティングの「学研 現代新国語辞典 改訂第五版」という辞書です。
ボクが良いと感じたのは、つぎのような点です。

  • 全面二色刷り。
  • 似通った言葉の使い分け方が、いろんなところにあり、迷ったときにとても便利。
  • 巻末に、常用漢字小辞典が付いている。
  • 巻末に、アルファベット略語集が付いている。

実際に使ってみると判りますが、かゆいところに手が届く、よく考えられた国語辞書です。

言語学者の系統、金田一

ちなみに、金田一秀穂さんのお父さんは金田一春彦さん、おじいさんは金田一京助さんです。
みなさん、言わずと知れた高名な言語学者ばかりです。

探偵

世に出回る国語辞典の編纂者として、名を連ねる金田一京助さんですが、そのほとんどは名前を貸しただけで、編纂にはほとんど携(たずさ)わっていないそうです。

なお実際に金田一京助さんが、最初から最後まで編纂に携わったのは、三省堂から発刊された「明解国語辞典」だけなのだそうです(金田一春彦さん談)。

オウム

最近 NHK Eテレ(NHK教育テレビ)で、NHK高校講座「あらためまして ベーシック国語」をたまに見ています。

金田一秀穂さんが先生になって、モデル兼タレントの滝沢カレンさんに国語を教えるのですが、普段深く考えずに使っている日本語について、あらためて考えさせられます。

あとがき

バンザイをする男性

ようやくたいへん使いやすい、国語辞典を手に入れられました。

ただ最近になって、「学研 現代新国語辞典」が改訂され、第六版になりました。
過去の改訂された年を見ると、だいたい 5年おきに改訂されるようです。

改訂されると最新版に買い替えたい気持ちが、ふつふつと湧き上がってきます。

しかしそれでは、買ったばかりの国語辞典が、あまりにも勿体無(もったいな)い。
ということで、国語辞典の買い替えは、次の改訂版が出たときに、改めて考えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました