【滋賀】長浜港から琵琶湖北部に浮かぶ竹生島へ その4 (三重塔と宝物殿篇)

神社仏閣めぐり
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

先日(2019.08.03)、朝日放送テレビ「朝だ!生です旅サラダ」を見ていたら、俳優の寺島進さんが滋賀県長浜市(ながはまし)にある竹生島(ちくぶしま)を訪れていました。

以前からずっと、琵琶湖に浮かぶ竹生島に行ってみたかったので、長浜港から観光船に乗って行ってきました。

【滋賀】長浜港から琵琶湖北部に浮かぶ竹生島へ その1 (竹生島クルーズ篇)
先日(2019.08.03)、朝日放送テレビ「朝だ!生です旅サラダ」を見ていたら、俳優の寺島進さんが滋賀県長浜市(ながはまし)を旅していました。 その旅の途中で訪れていたのが、琵琶湖に浮かぶ竹生島(ちくぶしま)です。 長浜港から観光船に乗って、その島に渡っていました。 以前からずっと、...
竹生島案内鳥瞰図

竹生島案内鳥瞰図

都久夫須麻神社本殿から舟廊下を渡って、保存修理中の観音堂唐門を通ったあとは、月定院の巨大石垣を見ながら石段を登って、本堂へ参拝しました。

宝厳寺の裏山は入山禁止

登山口

登山口

さて宝厳寺本堂で参拝して三龍堂の方へ出てくると、階段が奥へと続いており、突き当りにトイレがありました。

もしかすると裏山への登山口があるのではないかと思ったので、ちょっと行ってみることに。
するとと案の定、丸太の階段が山の上の方へと続いていました。

ヒナが鳴く鳥の巣

しかしそこには「注)無断で山に入らないこと 宝厳寺」という立て札があります。
カワウによる竹生島の被害の状況を見に行こうと思ったのですが、残念ながら諦めました。

もちの木と復元された三重塔

三重塔への階段

三重塔への階段

宝厳寺の三重塔もちの木は、さらに階段を登ったところにあります。
せっかく竹生島に来たので、見に行くことにしました。

もちの木

もちの木(樹齢約400年)

もちの木は、片桐且元(かたぎり かつもと)によって植えられました。

片桐且元とは豊臣家の家臣であり、賤ヶ岳の七本槍に数えられる戦国武将です。

片桐且元は豊臣家の政策として、畿内を中心に数多くの寺院復興事業に取り組んだそうです。
竹生島には唐門観音堂舟廊下を移築し、その記念に自ら苗木を植えました。

三重塔

復元された三重塔

その奥には、鮮やかな朱色が印象的な三重塔が建っています。
江戸時代初期から長らく焼失したままだったようですが、平成12年に復元されました。

軒下(のきした)の四隅には、邪気除けの風鐸(ふうたく)がぶら下げられています。

風鈴の起源は、風鐸だといわれています。

宝物殿の気になる金色の仏様

三重塔のすぐ隣には、宝厳寺の宝物殿がありました。
もちろんその内部を写真撮影することは、禁止されています。

宝物殿の展示物を拝観するには、入島料とは別に拝観料が必要になります。
玄関先で靴を脱ぎ、受付で拝観料を支払って、パンフレットを受け取り、中に入りました。

海賊の宝箱

特に気になったのは、四方どこから見ても正面を向いている水晶の中の金色の仏様です。
タネと仕掛けがあると思うのですが、解説はしてありませんでした。

おみやげを買って

唐門への石段

唐門への石段

観光船「べんてん」の出港時間が迫っていたので、竹生島港へ下りていきます。
売店のあたりに着くと、観光船を待つ人で、すでに売店の前のベンチはいっぱいでした。

竹生島まで来たので、おみやげに地酒のきんつばゴリの佃煮も買っていきます。

木綿豆腐

石段の登り下りで暑かったので、ついでに豆腐ソフトクリームを食べることに。
豆腐のおかげで甘さが抑えられるので、甘い食べ物が苦手な人には良いかも知れません。

お店の人に、観光船への持ち込みが出来ることを、確認してから買ったのですが、結局ソフトクリームは、乗船の順番待ちの間に、全部胃の中に消えてしまいました。

あとがき

屋根を修理する男性

宝厳寺では2020年春まで、唐門と観音堂、舟廊下の保存修理事業を実施しているそうです。
そのため唐門観音堂については、満足に見られませんでした。

もし次に訪れるとしたら、保存修理事業が完了してからにしたいと思います。

ただ観音堂を訪れたときには、屋根を葺くための檜皮が並べてあり、助成を募っていました。
心ある方は、助成のために訪れるのも良いかも知れません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました