【岐阜】商売繁盛のご利益がある千代保稲荷神社に、遅れ馳せながらお参り

グルメ
この記事は約3分で読めます。

今日は久しぶりに、岐阜県海津市平田町(かいづし ひらたちょう)にある「千代保稲荷神社(ちよほいなりじんじゃ、通称おちょぼさん)」にお参りしてきました。

「千代保稲荷神社」は商売繁盛のご利益がある神様として有名で、事あるごとに多くの参拝客で賑わいます。

初詣での時期は参道も境内もたいへんに混み合って、お参りするのに一苦労です。
ということで、2月のこの時期に来てみました。

千代保稲荷神社
岐阜県海津市にある稲荷神社です。
スポンサーリンク

いつもの空いている駐車場へ

ボクは関ヶ原町に住んでいるので通常、県道213号線を西から来ることになります。
すると朱塗りの鳥居の前を通ることになります。

ただこのあたりの駐車場はたいへん混雑しており、駐車スペースが狭いので避けています。

駐車場

ボクはいつも、交差点「蛇池」で北へ左折し、カーブの途中で北へ入って、お食事処「紅葉園」の西側にある駐車場に自動車を停めています。

駐車場はいつも空いていますし、「千代保稲荷神社」までが近いので、手早く参拝を済ませて帰りたいときにも便利です。

千代保稲荷神社では、あぶら揚げとロウソク

2月なので、参道はある程度空いているかと思ったのですが、思いの外に混雑しています。
手水舎で手と口を清めたあと、いつものようにあぶら揚げとロウソクのセットを買いました。

キツネの巫女

まずは灯明台のところに行って、ロウソクに火を点け針に立てます。
つぎは拝殿の前に進んで、あぶら揚げをお供えして賽銭を投げ入れ、丁寧に参拝しました。

拝殿からの帰り道、今日は重軽石のところに珍しく数人の行列が出来ていました。
以前は行列など無かったのですが、テレビや SNS の影響で、試す人が増えてきたようです。

重軽石とは、願いごとの前と後で石を持ち上げて、石を軽く感じれば、その願いごとが叶うという石です。

人混みを縫って参道を往復

さて折角「千代保稲荷神社」まで来たので、参道を歩いてお店を見て回ることにしました。
所どころに以前は無かったお店が増えていて、時の移ろいを感じざるを得ません。

ただ初詣での時期に比べたら少ないのでしょうが、すごい人混みです。
参道を広がって歩く家族連れなどがいるので、なかなかまっすぐには歩けません。

草大福

それでも参道の南の端までの間を、ウォーキングも兼ねて往復してきました。
なお帰り道には「花菱草餅店」に寄って、おみやげにアンコ入りの草餅も買ってきました。

荷席稲荷神社は名刺がいっぱい

参道を往復するついでに、荷席稲荷神社(かせきいなりじんじゃ)にも参拝してきました。
地元の大地主であった早川家が建てたものだそうです。

誰もいない境内を歩いていき、L字に右へ曲がって、奥の社殿でお参りをしました。

お参りが終わって社殿をよく見ると、至るところにおびただしい数の名刺が刺してあります。
同じ名刺を何枚も刺す人がいたりして、何だか取り留めがない状態になっていました。

キョロキョロと探す男性

なお珍しいご利益としては、忘れ物や探し物をお願いすると、すぐに見付かるそうです。

あとがき

「千代保稲荷神社」には子どもの頃から、たまに来ています。
町内会の旅行で「長島温泉」に行ったりすると、帰りは決まって寄っていました。

ツアーガイド

しかし子どもの頃は、神社などに興味がまったくありません。
どこに来ているのか判っていませんし、大人に混じって何となくお参りしているだけでした。

それが最近は何度も来るようになったので、歳をとったということなんでしょうね。
ただ人混みだけは、未だに好きになれませんが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました