【滋賀】近江八幡市の長命寺山へ市神神社浜宮から その1 (登り口駐車場から割岩へ篇)

神社仏閣めぐり
この記事は約3分で読めます。

滋賀県近江八幡市長命寺町(おうみはちまんし ちょうめいじちょう)には、長命寺山があります。
長命寺西国三十三所観音の札所の一つで、これまでに何度かお参りしたことがあります。

以前、ふもとから長命寺へお参りしたついでに、長命寺山に登ろうとしたのですけどね。
登り口がよく判らずに断念することになりました。

ということで、市神神社浜宮から長命寺山に登ってきました。
気になることがあったので、ついでに津田山にも登っています。

長命寺山・津田山周辺地図

長命寺登り口駐車場へ

まずは、長命寺ふもとの参道登り口にある駐車場へ向かいました。
県道25号線(県道26号線)の丁字路「長命寺」で、西へ入って道なりに進みます。

しばらくすると道端に長命寺の看板があるので、手前右側の駐車場に自動車を停めました。
道路を渡った海側に公衆トイレがあるので、事前に用を済ませておきます。

駐車場からは、県道25号線をさらに時計回りに歩いていきました。
琵琶湖の向こう側を見ると、雪を頂いた比良山地が雲海の上に浮かんでいます。

松ヶ崎の三つ岩

さて長命寺山の西側ふもと「松ヶ崎」を歩いていると、岩に名前が付けられていました。
岩が 3つ並んだ「三つ岩」と槍の穂先のように尖った「槍石」です。

鐘つき堂

長命寺縁起によると、かつて三つ岩の間から梵鐘(ぼんしょう)が浮かび上がってきたそうです。
鐘楼を建てて吊り下げると、人が撞いていないのに、ひとりでに諸行無常の響きを出したのだとか。

ちなみに三つ岩のあたりには、ときどき「龍燈」とよばれる怪火が上がるようです。
むかしは龍神の捧げる灯火と考えられたのですが、実際は海中の燐(りん)が発光しているだけのようです。

近江国輿地志略. 下(巻49至100) のコマ番号:34/241
国立国会図書館デジタルコレクションより

市神神社浜宮へお参り

おしゃれなホテルの前を通り過ぎると、程なく水ヶ浜の湖畔に建つカフェ「シャーレ水ヶ浜」に着きました。
道路を渡って反対側からは、市神神社浜宮へと続く石段が始まります。

折角なので、鳥居をくぐりながら一番上まで登っていって、市神神社浜宮にお参りしてきました。
ただ社殿まわりに、長命寺山への登り口はなさそうです。

仕方なく子供を抱きかかえた慈母観音まで下りてくると、参道の反対側奥にピンク色リボンが見えました。
石段を下って谷川に架かる丸太橋を渡ると、津田山長命寺山への登り口があります。

ピンク色リボンだらけの登山道

ということで、無数に結び付けられたピンク色リボンを頼りに、山道を登っていきました。
もとは大寺院でもあったのか、至るところに石垣が遺(のこ)されています。

石垣群が終わると今度は、山の斜面を無数の大岩が覆うようになりました。
足元に気をつけながらひたすら登っていくと、見上げるほど大きな巨岩が目の前に立ちふさがります。

ただ巨岩には斜めの割れ目があったので、左の岩に両手をかけると、ロープなしで簡単に通り抜けられました。
割岩からもうすこしだけ登ると、歩きやすそうな登山道に出られます。

もしかすると小豆ヶ浜まで行って、そこから登ってきた方が楽だったかも知れません。

さらに長命寺山を登っていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました