【フロントギア】自転車の乗り心地を快適に、サイクルオリンピックの「フリーパワー」

その他 ハードウェア
この記事は約4分で読めます。

TBSテレビの「がっちりマンデー!!」を見ていたら、「お出かけビジネス」について特集していました。
自転車展示会の模様が映されていたのですが、そこで紹介されていたのはフロントギアのパーツです。

体験した人びとが皆、口ぐちに「自転車のペダルを漕ぐのが軽くなった」とべた褒めしていました。

自転車用ヘルメット

その自転車パーツの名前は「フリーパワー」といいます。
取り替えると、まるで電動アシスト自転車のように軽くペダルを漕げるのに、電気が要らないそうです。

森永卓郎さんは、実際に上り坂で試乗してみるまで、ずっと疑っていました。

スポンサーリンク

フリーパワーを作っているのは

自転車パーツ「フリーパワー」を製造・販売しているのは、東京都府中市(ふちゅうし)にある「Cycle Olympic(サイクルオリンピック)」です。

自転車屋

社長によると「フリーパワー」には、次のような特徴があるそうです。

  • どんな自転車にも取り付けられる。
  • ペダルを楽に漕げるので、スイスイと進める。
  • パーツが軽いので自転車が重くならない。
  • 重い電池(バッテリー)も、定期的な充電も不要である。

電動アシスト自転車は充電が切れると、途端にペダルが重くなり、充電が必要になります。
ところが「フリーパワー」は充電が必要ないので、途中で充電の切れる心配がありません。

ちなみに自転車パーツ「フリーパワー」には、大きさが大・中・小とあります。
大きいほど高くなりますが、どれも工賃込みで 1万数千円です。

Cycle Olympic サイクルオリンピック | 自転車|自転車修理 |

フリーパワーの仕組み

自転車のペダルを漕いでいると、ペダルの一方が真上に他方が真下に来たとき、強く踏み込めなくなります。
この区間は「デッドゾーン」とよばれ、自転車を漕ぐときの課題になっていました。

サイクリング

自転車パーツ「フリーパワー」は、この「デッドゾーン」でも、ペダルを楽に回せる工夫をしています。
フロントギアにシリコーンゴムを内蔵して、そのゴムの反発力を利用しています。

ペダルを強く踏み込めるときには、シリコーンゴムが潰れて反発力を蓄えます。
デッドゾーン」では逆に、シリコーンゴムが蓄えた反発力を使って、フロントギアを強く回転させます。

常にフロントギアを強く回転させられるので、「デッドゾーン」が無くなってしまいます。
結果として、坂道でも楽に自転車を漕げるようになるのです。

Mechanism – メカニズム –|自転車
Mechanism JP EN Language 開発期間 10 年世界でただ1つの自転車用ギアクランク 3 ... もっと読む »

シリコーンゴムは劣化しないのか?

さてゴムと聞くと、すぐに劣化して使い物にならなくなるのでは?と心配になります。
世の中で一般的に使われているゴムには、次の 2種類があります。

  • 天然ゴム ……… ゴムノキの樹液から作られるゴム
  • 合成ゴム ……… 天然ゴムの分子構造に似せて人工的に合成されるゴム

天然ゴム合成ゴムも高分子材料なので、時間の経過とともに性質が変化し、劣化・老化していきます。
倉庫に置いているだけでも、ひび割れたり、固くなったり、柔らかくなったり、ベタついたりします。

輪ゴム

ところがシリコーンゴムは、なかなか劣化・老化しないそうです。
耐候性に優れ、摂氏200度までの高温に長時間耐え、比較的有機溶剤に強く、耐油性もあります。

もしかすると自転車本体より、シリコーンゴムの方が長持ちするかも知れません。

あとがき

番組の中では紹介されていませんでしたが、最初から「フリーパワー」を標準搭載した自転車も、好みに合わせていくつか用意されているようです。

自転車を新しく買いたい場合は、検討しても良いと思われます。
ただ現在のところ通信販売はしていないので、最寄りの取り扱い店舗で買わなければなりません。

日本地図(都道府県)

自転車パーツ「フリーパワー」を取り扱っている店舗は、全国的な広がりを見せているようです。
まだ取り扱い店舗がない地域もあるようなので、注意が必要です。

フリーパワー取扱店検索 - 都道府県から検索|自転車

近い将来「フリーパワー」搭載の自転車が、電動アシスト自転車に取って代わる日が、来るかも知れません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました