【北海道】札幌と旭川を経由して美瑛まで行った話 その2 (美瑛サイクリング篇)

名所史跡めぐり
この記事は約3分で読めます。

以前、北海道の美瑛をどうしても見に行きたくなって、一人で飛行機に乗って行ってきました。

札幌での一夜が開け、いよいよ美瑛に向けて出発です。

スポンサーリンク

電車に乗って美瑛へ

緑のラインの電車

札幌から美瑛へ行くには、まず札幌駅からJR函館本線に乗って旭川駅まで行きます。
特急に乗ったのですが、それでも 1時間40分ほど掛かりました。

旭川駅に着くと、今度はJR富良野線に乗り換えです。
JR函館本線を降りたホームから、地下通路を通って、JR富良野線のホームへ行きました。

旭川駅から、祖母のふるさと美瑛駅までは、40分ほどで到着します。

駅前で自転車を借りる

祖母の実家は、後を継ぐはずだった弟(ボクの大叔父)が、若くして亡くなったので、絶えています。

祖母の実家を訪れることはできませんが、どんなところで生まれ育ったのか、見に行きました。
時代とともにかなり変わったと思いますが、雰囲気を知るためにちょっと散策です。

貸し自転車屋

美瑛駅を南口?から出て、左へ行ったところにあるレンタサイクル屋「松浦商店」で、ママチャリを借りました。

地図

見どころが書いてある地図をもらい、簡単なルート説明を受けたら、すぐに出発です。

ひたすら続く上り坂

美瑛町の見どころは、美瑛駅の北西側の高台の上のようです。

まずは、鉄道に沿って北東に進み、踏み切りを越えたらそのまま直進し、国道237号線(富良野国道)をすこし北東に進んだところで、北の方へと伸びる脇道に入りました。

電動アシスト自転車

ただ、この脇道が、サイクリングコースの 1番の難所で、ひたすら上り坂が続きます。
ほとんどの方は、自転車を押して登られていました。

脚力に自信のない方は、高額になりますが、電動アシスト自転車を借りることをオススメします。

美瑛でサイクリング

さて一旦、高台の上まで登ってしまえば、あとは緩やかな起伏がある程度です。
比較的楽に、美瑛の雄大な景色を見て回れました。

ただ、「セブンスターの木」や「マイルドセブンの丘」「ケンとメリーの木」って、むかし、タバコの箱やテレビCM の中でその景色が映っただけです。

ポプラの木

その映像をはっきりと憶えている人は、もう流石(さすが)に少なくなっているのではないでしょうか?

いいのですかね?この名前のままで。
名前なんて関係なしに、景色は素晴らしいので、それでもいいのですけどね。

お昼ごはんはエビフライ

帰りは、「マイルドセブンの丘」から駅の方へと続く下り坂を、猛スピードで下ります。
すると、もうすでにお昼ごはんの時間になっていました。

海老フライ

旅行雑誌を見ると、現在地である美瑛駅の北口付近に洋食屋があるようです。
ただ、人気の海老フライが注文してから出来上がるまでに、30分ほど掛かるとのこと。

えーい、なるようになれ。

シェフの男性

洋食店に入って、海老フライ定食を注文すると、本当に 30分間待たされました。
味は申し分ないのですが、時間をもうすこし早くしてほしいところです。

洋食とカフェ「じゅんぺい」は、現在、美瑛駅南側に移転されているそうです。

美瑛の食事処 B級グルメがある【洋食とCafeじゅんぺい】 公式HP
美瑛駅から徒歩10分、駐車場完備。美瑛でのランチ、食事、グルメのおすすめ店といえば【洋食とCafeじゅんぺい】。B級グルメの「ジュンドック」や海老丼、パフェなどのスイーツも用意しています。

美瑛をあとにして旭川へ

貸し自転車屋

洋食屋で食事したあと、レンタル自転車を返しに行くと、追加料金を取られてしまいました。
洋食屋に行く前に、レンタル自転車を返すべきでした。

さて、その日のホテルは、旭川市に予約してありました。

最初は、美瑛で宿泊しようと思ったのですが、ペンションばかりだったので、それは流石(さすが)に無理でした。

いっぱい食べて満腹の男性

ホテルに向かうため、旭川行きの電車に乗ります。
祖母のふるさとを見られたので、満足でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました