【長野】黒部ダムへ行くついでに長野のダム巡り その2 (高遠から豊科へ篇)

ダム見学
この記事は約3分で読めます。

黒部(くろべ)ダムへ行くついでに、道すがらダムカードを集めることにし、長野県を巡っています。

権兵衛トンネルを抜けて、懐かしの伊那市(いなし)に出ました。

スポンサーリンク

権兵衛トンネルを通って伊那へ

学校

長野県伊那市(いなし)は、かつて伊那技術専門校に通うため 1年間住んでいた場所です。

現在、伊那技術専門校は廃校になりました

当時は、まだ権兵衛トンネルがなく、木曽地方に行くときは 30分ぐらい掛けて、道幅の狭い権兵衛峠を越えていました。

それに比べると、伊那地方と木曽地方の行き来がずいぶんと楽になったものです。
権兵衛峠を車で苦労して越えるのも、ちょっと楽しかったのですけどね。

桜の名所である高遠城址公園の下を素通り

権兵衛トンネルから河岸段丘を下って、JR飯田線の踏み切りと天竜川に架かる橋を渡り、そのまま国道361号線を東へ進むと、伊那市高遠町(いなし たかとおちょう)に入ります。

桜の木

毎年、春の桜の季節になると、高遠町は花見客で大混雑しますが、夏だったのですんなり通り抜けられました。

そこから、丁字路「高遠公園下」で南西へ右折し、国道152号線を道なりに南下すると、目的の美和ダムに着きました。

美和ダムって意外と人の住んでいる集落のそば!

美和ダムのダムカード

美和(みわ)ダムは、長野県伊那市(いなし)にあるダムです。
すぐ近くまで民家や田んぼなどがあります。

いつものようにダムの職員の方からダムカードを頂き、ダム堤体の上を往復しました。

重力式コンクリートダムなので、ダム堤体は巨大です。
しかし、アーチダムのように湾曲していないので、それほど威圧感はありません。

磁石

なお、このまま国道152号線(秋葉街道)を南下していくと、「ゼロ磁場」で有名な分杭峠(ぶんぐいとうげ)に行けます。

黒部ダムのふもとのホテルは満室!

2日目は、黒部ダムに行く日程になっています。

小さなホテルの建物

本当は、長野県大町市(おおまちし)にホテルを予約したかったのですが、周辺のホテルはどこも満室でした。

仕方がないので、ちょっと離れた長野県安曇野市豊科(あずみのし とよしな)に、ホテルが予約してありました。

観光地には寄り道せず、豊科のホテルへ

昔よく通った県道207号線と県道19号線で、辰野町(たつのちょう)まで行き、そこから国道153号線と国道19号線を乗り継いで、松本市の市街地を通り過ぎました。

何度も行っているので、国宝になっている松本城には見向きもしません。
交差点「平瀬口」で西へ左折して国道147号線に入り、奈良井川や梓川を渡るともう豊科です。

ショッピングモール「イオン豊科店」の付近をウロウロしていたら、運よくホテル紫山荘を見付けられました。

夕食は簡単に済ませ、明日に向けてサクッと就寝

ただ、ホテルの夕食は予約してなかったので、近所の飲食店を探しました。
しかし、ちょっと歩いただけでは、好みの飲食店が見つかりません。

たいやき屋

仕方がないので、ショッピングモール「イオン豊科店」で簡単な食事を買って、ホテルの部屋で 1人さびしく食べました。

こんなことなら、ホテルの食事を予約しておけばよかったです。

2日目は、早起きして黒部ダムに向かう予定です。
寝坊するといけないので、さっさと寝ました。

次はいよいよ黒部ダムに向かいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました