【富山】黒部ダムへ行くついでに長野のダム巡り その4 (黒部ダムと黒部平篇)

ダム見学
この記事は約3分で読めます。

黒部(くろべ)ダムへ行くついでに、道すがらダムカードを集めることにし、黒部ダムまで来ています。

黒部ダムのダムカード

前回は、いろいろ探し回って、黒部ダムのダムカードをもらえました。

スポンサーリンク

迫力ある黒部ダムの観光放水!

まずは、せっかく来たのですから、黒部ダムの雄姿を見なければなりません。

本来であれば、一番上のダム展望台まで登っていって、その雄姿を見るところです。
しかし、それはちょっときつそうです。

妥協して、野外階段の中ほどにある放水観覧ステージに行きました。

黒部ダムの観光放水
黒部ダムの観光放水

黒部ダムでは夏から秋にかけて、観光放水が行われています。
その期間は、毎年6月下旬から10月中旬にかけてで、毎日朝から夕方までです。

放水観覧ステージからは、湾曲したダム堤体と迫力ある観光放水を見られました。
その日は晴れていたので、観光放水にはみごとな虹がかかっていました。

ダム堤体からは自然の雄大な景色を堪能

黒部ダムの雄姿も見られました。
今度は、ダム堤体の上をほかの観光客に混じって歩いていきました。

ダム堤体から下流をのぞき見ると、真上から観光放水を見られました。
また、谷あいを流れるせせらぎなども見られ、景観もすばらしかったです。

フェリー

反対に、ダム堤体の上流の方を見ると、ダム湖「黒部湖」に遊覧船が浮かんでいました。

本当は遊覧船に乗ってみたかったのですが、乗り場がものすごく遠くに見えます。
ちょっと時間がかかりそうだったので、今回は見送りました。

斜めになった黒部ケーブルカーに急遽乗車!

ダム堤体の終点からトンネルに入っていくと、奥は黒部ケーブルカーの駅でした。
ケーブルカーとは、車体が斜面に合わせて斜めになった鉄道です。

ケーブルカー

2台の車両が頂上の滑車を経由してケーブルでつながれており、滑車を回転させることで、2台の車両が交互に上下します。

黒部ケーブルカーの時刻表を見たところ、あと数分で次の便の発車時刻でした。
予定にはなかったのですが、折角なのでちょっと乗ってみることにしました。

黒部平は霧の中

黒部ケーブルカーは、雪で運行できなくなるのを防ぐため、全線地下式です。
乗っている間の楽しみは、車両のすれ違いの瞬間ぐらいでした。

発車から30分ほどで黒部平駅に到着します。

山の霧

「山の天気は変わりやすい」とはよく言ったもので、黒部平は霧がかかっていました。
次の立山ロープウェイに乗っても、見晴らしは期待できません。

ということで、ここでおみやげを買って、引き返すことにしました。

次回は、ふもとの扇沢駅からです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました