【ダムカード】目的があれば人は遠くまで行ける!(カードのもらい方)

ダム見学
この記事は約3分で読めます。

何年か前から「ダムカード」というものが流行っていますね。

2匹目のどじょうで、「マンホールカード」「灯台カード」「ロープウェイカード」なんてのもあるようです。

ご多分にもれず、ボクも以前「ダムカード」を集めていた時期がありました。

スポンサーリンク

ダムまで行くともらえるカードがあるんだ

ダム

ある日テレビで、あるタレントさんが、ダムカードの紹介をしていました。
そのタレントさんはマニアックなものが好きで、さまざまなものを集めている人なんです。

その多彩な収集物の 1つが、ダムカードでした。

作業員の男性

その人は、わざわざ山奥のダムまで出かけていって、さらにダムの管理棟に行き、ダムの職員の方から手渡しで、ダムカードを受け取っていました。

「へえ、ダムカードっていうものがあるんだ」

ダムカードってなんですか?

ダムカード

ここで、ダムカードについて簡単な説明です。

  • ダムカードは通常、ダムにおいて無料で配布されています(お店で売っていません)。
  • ダムカードは、表に「ダムの写真」、裏に「ダムに関するデータ」「ランダム情報」「こだわり技術」などが載っています。
  • 印刷所が統一されていないので、ダムカードの書体や色合いなど、それぞれ微妙に異なっています。
  • なお、すべてのダムで、ダムカードが作られているわけではありません。

ダムカードを集めるには下調べが大事!!

インターネット検索

無闇矢鱈(むやみやたら)とダムを訪ねても、そのダムのダムカードが作られているとは限りませんので、事前の調査が必要です。

以前、ダムカードを集めていたときに、利用していたサイトです。
その節は、大変お世話になりました。

DamMaps - 日本全国Web地図でダムめぐり
財団法人日本ダム協会が運営するダム便覧のデータに基づき、地図によるダム情報を提供するサイトです。
ダムカードあり升 - ダムカード集めの便利サイト
日本全国のダムで発行されているダムカードの情報を提供するサイトです
ダムカード - 国土交通省水管理・国土保全局
ダムを訪問した方に配布している「ダムカード」の配布場所等

 ダムカードをもらうときは礼節を持って!

ありがとう

また、ダムカードのもらい方は、次のとおりです。

  1. ダムカードが配布されているダムを、上のサイトなどで調べます。
  2. ダムカードの配布場所と配布日時を調べて、配布時間内に配布場所に行きます(ほとんどの場合、すぐ近くまでの公共交通機関はないので、自動車、オートバイ、自転車などで山道を行くことになります)。
  3. ダムカードは、礼儀正しく受け取り、職員の方にお礼を言いましょう。
  4. なお、ダムカードは品切れのときもありますので、そのときは次回に期待しましょう。

ダムカードを集めに、東奔西走

それまでダムなんて、まったく気にしていませんでした。

爽やかな寝起き

ああそれなのに、ダムカードの存在を知ってから、毎週末、早起きしてまでダムカードを集めるようになりました。

とりあえずは、近隣の府県に限っていましたが、そのうちどこまで範囲を広げるかは、いまのところ分かりません。

ダムカードでモチベーション!!!

笑顔でドライブ

ただ、ダムカードをもらうという目的ができると、遠くへ出掛けるモチベーションを高めることになります。

これまで遠いと思って行けなかったところへも、途中で諦めずに行けます。

あなたも遠方に行きたい場合、そこの近くのダムでダムカードをもらうことを目的にしてみてはいかがでしょうか?(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました