【岐阜】岐阜市の百々ヶ峰へ三田洞から その3 (山頂から西峰頂上と反射板へ篇)

超低山登山
この記事は約3分で読めます。

岐阜県岐阜市(ぎふし)には、百々ヶ峰(どどがみね)があります。
以前、山県市の大桑城跡(おおがじょう あと)に登ったとき、山頂の展望パネルで存在を知りました。

調べてみると百々ヶ峰は、ながら川ふれあいの森として、遊歩道や展望台などが整備されているようです。
駐車場が山の東西に用意されているので、まずは西の三田洞側から登ってきました。

ながら川ふれあいの森案内図
ながら川ふれあいの森案内図

送電鉄塔のある分岐点から、管理道交差点Bを経由して、百々ヶ峰頂上にたどり着き、展望台から景色を眺めました。

スポンサーリンク

百々ヶ峰頂上から西峰方面へ

百々ヶ峰頂上を見回すと、至るところに登山者が休憩しているので、早々に出発することにしました。
西峰の方へ歩き始めると、松尾池南口への分かれ道がありますが、まっすぐに進みます。

整備された遊歩道だけでは面白みがないので、並列する旧道の方も歩いてみました。
小さな祠(ほこら)など、旧道では思わぬものを発見することもあります。

遊歩道とふたたび合流すると、オリエンテーリングのチェックポイント「M」が立てられていました。
近くの案内板によると、管理道へも下りられるようですが、さらに西峰の方へ歩いていきます。

不動岩への分岐点

下りは比較的ラクなので、それ以降も頻繁(ひんぱん)に旧道を歩いていきました。
道には大小の石が転がっており多少荒れていますが、電力会社の案内板があったりするので楽しめます。

不動岩への案内板
不動岩への案内板

途中には不動岩を経由して、松籟団地(しょうらい だんち)へと下る、難路への案内板もありました。
案内板は手間の掛かることに、文字が消えにくいよう浮き彫りで作られています。

不動明王

その下の案内板を見ると、この先の真福寺山三角点反射板のあることが判りました。
この先は、いろいろと目白押しのようです。

三田洞への下り口と西峰頂上

さてしばらくなだらかな尾根筋を歩いていると、遊歩道が次第に急勾配になってきました。
さらには、つづら折りの坂道に変わってしまいます。

ということでたどり着いたのは、百々ヶ峰西峰頂上とよばれる場所でした。
オリエンテーリングのチェックポイント「G」と三角点があるだけで、目ぼしいものはありません。

ちなみに、山頂間近のつづら折りの折返しには、三田洞へと下りられる分岐点がありました。
案内板が小さいので、三田洞へ下山するときは見落とさないよう注意が必要です。

真福寺山の反射板

西峰頂上からふたたび歩き始めると、遊歩道の右側が奥の方までずっと陥没していました。
防空壕跡かとも思いましたが、もしかすると鉱山の坑道跡かも知れません。

木炭

そこから程なくの場所には、またもや松籟団地への案内板がありました。
かつて松籟団地あたりには、山仕事に従事する人たちが多く住んでいたのかも知れません。

ということで、真福寺山の反射板(無給電中継装置)に着きました。
ここまで着たら戻るのも何なので、このままふもとまで下りてしまうことにします。

つぎは百々ヶ峰を下っていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました