【滋賀】雪野山山系の童子山展望台に登る その2 (造成中の散策道と展望台篇)

森の中を歩く二人 超低山登山
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

以前、滋賀県東近江市(ひがしおうみし)の雪野山歴史公園から雪野山の頂上にある雪野山古墳まで登って、ふもとの暁の広場へ下りてきたことがあります。

ただそれは雪野山山系全体からすると、ほんの一部に過ぎないので、今回は雪野山山系の南部にある横山自然公園から童子山展望台(どうじさん てんぼうだい)まで上ってきました。

【滋賀】雪野山山系の童子山展望台に登る その1 (横山自然公園と古墳群篇)
以前、滋賀県東近江市(ひがしおうみし)の雪野山歴史公園から雪野山の頂上にある雪野山古墳まで登って、ふもとの暁の広場へ下りてきたことがあります。 ただそれは雪野山山系全体からすると、ほんの一部に過ぎないので、今回は雪野山山系の南部にある横山自然公園から童子山展望台(どうじさん てんぼうだい)まで...

横山自然公園の駐車場に自動車を停めて、横山自然公園への階段を登る途中で巨石群を見たあとは、天狗前古墳群の横を通って、童子山展望台への散策路を歩き始めました。

横尾根越えの道を下って

分岐点(奥)旧登山道(右)童子山展望台

分岐点(奥)旧登山道(右)童子山展望台

なだらかな山道を歩いてくると、尾根越えの道との交差点に着きました。

正面の奥へと続く山道が幅も広くて、いかにも本来の登山道のような気がしますが、案内板は右を指しています

もしかしたら案内板の向きが間違っているのかも知れないと思いましたが、とりあえず案内板を信じて、右へ歩みを進めました。

何だかどんどん横山を下っていくので不安でしたが、道は合っていたようです。
しばらく歩いていると、造成中の散策道に出ました。

厳重な散策道の出入り口から

散策道の出入り口

散策道の出入り口

さて造成中の散策道の先には、獣害防止フェンスが設置されていました。
イノシシなどから農地や農作物を守るためのもののようです。

農地を荒らすイノシシ

そこに散策道の出入り口があるのですが、かなり通り抜けにくくなっていました。

なぜなら扉に付けられた金具で戸締まりをすると、扉が半開きになってしまうので、それを改善するために、扉に金網が立て掛けてあったのです。

もうすこし通り抜けやすい出入り口になっていると助かります。

細い山道や造成中の散策道を通って

さてここからの散策道は、かなり荒れているため、歩くのがとても困難そうです。

とりあえずフェンスに沿って散策道を横切ると、ピンク色のテープが木に巻き付けてあったので、それを頼りに山道を登っていくことに。

キョロキョロと探す男性

しかし、その先にあった別の造成中の散策道には、目印は何もありません。
それでも登っていったら、散策道の左側の奥の木にピンク色のテープを見付けました。

現在は散策道の造成中のため、本来の登山道が寸断されているようです。

山頂の童子山展望台へ

ということで、まずは人が歩いた跡をたどって、急な斜面を尾根道まで登っていきました。

尾根道に入ると、安心のピンク色のテープが、登山道に沿って至るところにあります。
それを頼りに登っていくと、無事に山頂の童子山展望台に着きました。

当日は雲がたくさん浮かんでいましたが、とても天気が良かったので、展望台の上に上ると、遠くの鈴鹿山脈の方までよく見渡せました

あとがき

今回は道を探しながらの登山だったので、行ったり来たりしてしまい、童子山の頂上に到着したところで、残念ながら下山してしまいました。

山の頂上で叫ぶ

次は散策道が完成した頃に、ふたたび横山と童子山に訪れたいと思います。
そのときは、野寺城跡を経由して、大岩の近くのあずま屋を目指します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました