【山梨】塩山の恵林寺と裂石温泉に行った話 その2 (恵林寺でほうとう篇)

グルメ
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

以前、まだ東京で働いていたころ、プロジェクトで仲良くなった人たちと男 4人で、晩秋の山梨県の裂石温泉(さけいし おんせん)に行ってきました。

まずは早く着いた 2人で勝沼ワイナリーに行き、ワインを試飲してきました。
次は JR塩山駅で合流した 3人目と一緒に、恵林寺(えりんじ)に行きます。

【山梨】塩山の恵林寺と裂石温泉に行った話 その1 (勝沼ワイナリー篇)
以前、まだ東京で働いていたころ、プロジェクトで仲良くなった人たちと男 4人で、晩秋の山梨県の裂石温泉(さけいし おんせん)に行ってきました。 皆それぞれ別の会社だったのですが、仲良くなって普段からよく飲みに行っていました。 そのときに、話しの流れでボクが旅行の幹事を引き受けたのです。 ...

武田信玄の菩提寺である恵林寺へ

武田信玄

乾徳山恵林寺は、甲州市塩山(こうしゅうし えんざん)にある武田信玄の菩提寺です。
3人目の方によると、折角塩山に来たからには、ぜひとも行くべきお寺だそうです。

タクシー

今度はタクシーに乗って行ったので、恵林寺にはすぐに着いてしまいました。
恵林寺の門の前の駐車場でタクシーを降り、杉並木の間の参道を歩いていきます。

さらにいくつかの門をくぐったり、庭や三重塔を見たりしながら境内の中を歩いていくと、本堂への入り口にたどり着きました。

ちょっと本堂を拝観

本堂の中を拝観していると、うぐいす廊下という場所にたどり着きました。
もちろん、うぐいす廊下を歩くと「ヒヨヒヨヒヨ」と金属の擦(こす)れる音がします。

梅にうぐいす

いつも疑問なのですが、あの音のどこがうぐいすなのでしょうか?
もしかしたら、うぐいすの鳴き終わりの「ケキョケキョケキョ」なのかも知れませんね。

最初、うぐいす廊下のようなものは、京都の二条城だけの特別なものだと思っていました。
しかし、いろんな場所の古めかしい建物の中で遭遇します。

忍び足の忍者

忍者などの侵入者を検知する仕掛けとして、有り触れたものだったのでしょうね。

やっぱり山梨に来たら、ほうとうでしょ?

さてやっぱり、山梨県に来たからには有名なほうとうを食べなければなりません。

恵林寺の拝観を終わって脇道を歩いていたら、おあつらえ向きのお店がありました。
お店の名前は「一休庵精進料理茶屋」といい、恵林寺の境内の中にある食事処です。

鹿威し

お店の中に入ると、三方がガラス戸になっていて、庭の景色が見渡せるようになった場所に案内されました。

コタツ

その場所には、コタツ 4卓が配置してあり、そこで料理を食べられるようでした。
かなり秋も深まっていましたので、コタツを囲んでの食事は、ありがたかったです。

うまいもんだよ、カボチャのほうとう

さてメニューを見ると、ほうとうが食べられる料理には、ほうとう、天ぷらと小鉢がセットになった「ほうとう定食」もありました。

しかし、ここはシンプルに単品の甲州名物「ほうとう」にしておきました。

かぼちゃ

この店で「ほうとう」は、1人用の鉄鍋に入れられた状態で提供されます。
カボチャをはじめ野菜が盛りだくさんなので、これだけでお腹がいっぱいになりました。

なおほうとうを食べてる途中で、ガラス戸の外の景色を楽しもうとしたら、ガラス戸が湯気でくもっていて、あまり外が見えませんでした。

ふたたび塩山駅へ

さて、恵林寺の門の前の駐車場にあるバス停からバスに乗って、一旦 JR塩山駅南口に戻りました。

しかし、遅れてくる 4人目はまだ到着しません。

ちばこうバス

仕方がないので、3人だけで先に旅館に向かって、そこで待っていることにします。
ほどなく到着した、大菩薩登山口へと向かうバスに乗り込み、裂石温泉に向かいました。

次回は、裂石温泉に一泊します。

【山梨】塩山の恵林寺と裂石温泉に行った話 その3 (裂石温泉の雲峰荘篇)
以前、まだ東京で働いていたころ、プロジェクトで仲良くなった人たちと男 4人で、晩秋の山梨県の裂石温泉(さけいし おんせん)に行ってきました。 JR塩山駅で合流した 3人目と一緒に、恵林寺(えりんじ)でほうとうも食べましたので、いよいよ裂石温泉に向かいます。 裂石温泉へバスに乗って ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました