【実質値上げ】ポテトチップの筒の中身がいつの間にやら5/8チップに!

独り言
この記事は約3分で読めます。

ボクが子どもの頃、「S&B 5/8チップ」という箱入りのポテトチップが売られていました。

それまで売られていたポテトチップのサイズが、女性の口のサイズに合わないという理由で、S&B エスビー食品によってすこし小さめに作られた商品です。

ポテトチップの筒

最近、筒タイプの輸入ポテトチップを買ったところ、中に「5/8チップ」が入っていました。
筒のサイズは以前と何も変わっていないので、振るとカタカタと音がします。

スポンサーリンク

輸入ポテトチップが値下げ?

船

さて、20年以上前に鳴り物入りで日本に上陸した、筒に入ったポテトチップがありますね。

当初は確か 300円近い値段で売られていました。
ポテトチップとしては高めなので、気が向いたときしか買いませんでした。

ドラッグストア

ところが最近では、ドラッグストアなどに行くと、200円を切った値段で売られています。

現在(2019年01月09日)のところ、じゃがいもの価格が下落したとも聞きませんし、多少の変動はありますが、依然として円安傾向のままです。

ポテトチップのサイズが小さくなっただけ

企業努力の結果、ポテトチップの値段が安くなったのかと思ったら、1枚のサイズを小さくして内容量を減らしていたのです。

ポテトチップを食べる女の子

その見た目はまるで、子どもの頃に食べた「5/8チップ」のようです。
女性の口でも食べやすくなっているのでしょうね。

ということで、その輸入ポテトチップは特に安くなっていた訳ではありませんでした。
消費者にとって不利益になることは、広告されないのでなかなか気付きません。

薄すぎるスライスチーズ

チーズを乗せたトースト

似たようなことは、スライスチーズでも起きています。
ボクは毎朝、パンにスライスチーズを乗せて、トーストして食べています。

以前は特に問題もなく、簡単にスライスチーズのフィルムを剥(はが)がせました。
ところが最近は丁寧にフィルムを剥がさないと、チーズがちぎれてしまうことがあります。

スライスチーズ

よく見ると、スライスチーズが以前に比べて、とても薄くなっているようです。
内容量から 1枚の重さを計算してみると 15グラムとなり案の定、減らされていました。

通常は 1枚あたり 18グラムなので、それからは毎回暗算してから買うようにしています。

鮭フレークのガラス瓶がスカスカ

鮭おにぎり

最近はあまり買いませんが、以前はガラス瓶入りの鮭フレークをよく買っていました。
白いごはんに振り掛けて食べると大変おいしいので、今でも大好きです。

ただガラス瓶の中に、鮭フレークが半分ぐらいしか入っていないのが気になります。

むかしはガラス瓶の口の近くまで、中身が入っていたと思うのですがね。
ガラス瓶の上下をひっくり返すと、底の部分にすき間ができるので、ガッカリします。

スーパーに出掛けると、よく鮭フレークのガラス瓶を 2個セットで売っています。
ただ、その中身はきっと、ガラス瓶 1つに収まるのだと思っています。

東京みやげのカレーあられ

お正月に妹が帰省していたのですが、東京みやげの中にも似たようなものがありました。
東京で有名な老舗(しにせ)が売っている「カレーあられ」です。

オシャレな外袋の中には小袋が 8個ほど入っているのですが、その小袋の大きさに比べて中身が圧倒的に少ないのです。

カレーおかき

いざ小袋を開けてみると、老舗の「カレーあられ」は底の方に数個入っているだけでした。
内容量が幼児向けのお菓子の小袋よりも少ないです。

ちなみにホームページによると、創業者の方はとても正直な方だったそうです。

あとがき

商品の小型化

最近は、袋や容器ばかりが大きくて、中身が少ない商品が多くなりました。
わざと空気で膨らませている商品もあるので、持ち運ぶのにとても不便です。

遠くにあるスーパーやドラッグストアなどへ買い物に出掛けて、それらを家に持って帰ってくると中身があまり入っていないので、またすぐに買いに行く羽目になります。

袋や容器のゴミばかりが増えるので、包装は適正なサイズでお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました