【岐阜】揖斐郡大野町の絆の森から森林散策 その2 (野村山から展望コースへ篇)

超低山登山
この記事は約4分で読めます。

岐阜県揖斐郡大野町(いびぐん おおのちょう)には、絆の森(きずなのもり)があります。
以前大谷山の森林散策コースを歩いていたときに、偶然見つけました。

古い森林散策コース案内には描かれていないので、追加で整備されたのでしょう。
まだ歩いたことのなかった 4つの森林散策コースを、絆の森から一通り歩いてきました。

大谷山・滝谷山森林散策コース
大谷山・滝谷山森林散策コース

絆の森の駐車場から、絆の森コースを登り始めて、途中でトンネルコース絆の森まで往復したあとは、絆の森コースを終点まで登りました。

スポンサーリンク

西側から野村山三角点へ

さて展望コースの下り口へ行くため、とりで跡コースを歩いていると、斜面を登っていく踏み跡を見つけました。
たどっていくと途中には、結構埋まっていますが井戸跡のような深い穴もあります。

さらに斜面を登っていくと、あたりの地面は波打っており、木の根元には三角点がありました。
曲輪跡のような平坦地もあるので、どうやら押ヶ谷とりで跡に着いたようです。

三角点近くの木に巻かれていた、赤いテープ「野村山 228.9m」は無くなっていました。

さらに奥へ進むと、とりで跡コースの直角な曲がり角に出ました。
あたりで一番高いので、押ヶ谷とりで跡主郭だと思われるますが、説明板などは何もありません。

難解な古墳コースの交差点

押ヶ谷とりで跡からは、とりあえずとりで跡コース牛洞峠方面へ下っていきました。
鋭角な曲がり角でとりで跡コースを離れたら、なだらかな道を歩いていきます。

すると程なく、古墳コースの途中にある複雑な交差点に着きました。
初めて訪れた人は、どちらへ進めば良いのか判らなくて、きっと迷うに違いありません。

交差点に生えている木の幹を見ると、古墳コース迂回ルート正規ルートの道案内が増えていました。
前回登ったときは知らずしらずのうちに、迂回ルートを歩いていたようです。

古墳コースの正規ルートを通って

ということで、古墳コース正規ルートを歩いてみることにしました。
すぐに展望コースへの分岐点がありますが、そのまままっすぐに尾根筋を登っていきます。

古墳コース尾根ルートの展望台から、百々ヶ峰、船来山、金華山

すこし急勾配の丸太階段を登っていくと、石積みのある展望台に着きました。
遠くの方には百々ヶ峰(どどがみね)と岐阜城のある金華山が、その手前には富有柿の里の船来山が見えます。

古墳コース正規ルートは、処どころ険しくなっていましたが、それほど歩きにくい訳ではありません。
しばらくすると、いかにも正規ルートのような迂回ルートに合流しました。

展望ルートで展望台へ

ふたたび古墳コースの複雑な交差点まで戻ってきたら、今度は展望コースを歩き始めました。
初めのうちは、岩肌むき出しの細い横がけ道ですが、すぐに急勾配の尾根筋を下っていくことになります。

尾根筋を下っていく途中には、どこまで伸びているか判らない竪堀跡もありました。
たぶん押ヶ谷とりで跡の遺構だと思われます。

展望コースの起点まで下りてくると、そこは展望台になっていました。
見える範囲が狭いのですが、左手には養老山地金生山、右手には池田山のすそが見えます。

つぎは祖浜古墳コースを下っていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました