【岐阜】揖斐郡大野町の絆の森から森林散策 その3 (祖浜古墳コースと神楽岩篇)

名所史跡めぐり
この記事は約3分で読めます。

岐阜県揖斐郡大野町(いびぐん おおのちょう)には、絆の森(きずなのもり)があります。
以前大谷山の森林散策コースを歩いていたときに、偶然見つけました。

古い森林散策コース案内には描かれていないので、追加で整備されたのでしょう。
まだ歩いたことのなかった 4つの森林散策コースを、絆の森から一通り歩いてきました。

大谷山・滝谷山森林散策コース
大谷山・滝谷山森林散策コース

絆の森コースの終点から、近道で野村山三角点まで登って、古墳コース正規ルート迂回ルートを歩いたあとは、展望コースを展望台まで下ってきました。

スポンサーリンク

祖浜古墳コースからかぐら岩へ

さて展望台からは、なぜかコース名が変わる祖浜古墳コースを下っていきました。
丸太階段をたどっていくと、すぐにかぐら岩への分岐点に着きます。

これまで見てきた森林散策コース案内図には、どこにも記載されていなかったのですけどね。
何だかとっても気になるので、かぐら岩を見に行くことにします。

丸太階段をたどって行くと、木立の向こうに何やら白っぽいものが見え隠れしていました。
どうやら目的地のかぐら岩のようです。

分岐点からかぐら岩へ向かうとき、横移動で乗り越えたのは、畝状竪堀群だったようです。

かぐら岩をぐるっとひと回り

かぐら岩
かぐら岩

ということで「かぐら岩」と名付けられた巨岩の下に着きました。
てっぺんに四角い岩がちょこんと乗っているので、神様の降り立つ岩だと考えられたのでしょう。

折角なのでかぐら岩の東側の斜面を登って、てっぺんの四角い岩を見に行ってみました。
この山は石灰岩で出来ているので、長年の風雨にさらされてヒビ割れ、偶然四角くなったと思われます。

さてかぐら岩の西側の斜面を下っていこうとすると、畝状竪堀群を見つけました。
押ヶ谷とりで跡の遺構は、野村山三角点付近だけでなく、ふもと間近まで広がっているようです。

祖浜古墳コース起点へ

かぐら岩から戻ってきたら、さらに祖浜古墳コースを下っていきました。
近くにコース名の由来となった祖浜古墳があるらしいのですが、すっかり忘れて素通りしてしまうことに。

獣害防止柵の扉を通り抜けて、祖浜古墳コース起点まで出てきてしまいました。
たぶん土盛りがあるだけだと思いますが、探してみれば良かったです。

ちなみに駐車場までは田園地帯の中を通ったあと、絆の森の入り口から中を縦断してみました。
散策路があるのですがどこも草ぼうぼうで、ヘビが怖くて歩けたものではありません。

大谷トンネルの方へ進むと、獣害防止柵で通りにくくなった、駐車場への近道があります。

あとがき

絆の森の駐車場は、どうして一番奥にあるのでしょうか?
散策道入り口のすぐ横にしたいのは判りますが、そこへ至る道が細すぎて対向車とすれ違いできません。

駐車場は判りやすく、施設の手前の方にあるべきだと思うのですけどね。
利用者をまったく見掛けないのは、そのせいなのかも知れません。

途中のあずま屋横に、駐車している自動車がありました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました