【岐阜】揖斐郡大野町の運動公園から森林散策2 その3 (とりで跡コースを牛洞坂へ篇)

森の中を歩く二人 超低山登山
この記事は約3分で読めます。

以前、岐阜県揖斐郡大野町(いびぐん おおのちょう)の運動公園に行って、そこから大谷山の森林散策コースを歩いたことがあります。

いろんなコースをたどったのですが、バラエティーに富んでいて、かなり楽しめました。
しかし、まだ歩いていないコースがいくつか残っていたので、歩いてきました。

森林散策コース案内
森林散策コース案内

古墳コースの終点からとりで跡コースを歩きはじめ、押ヶ谷とりで跡を散策したあとは、あずま屋を経由して、とりで跡コースの終点である花立峠まで来ました。

スポンサーリンク

とりで跡コースを戻って

古墳コースの終点
古墳コースの終点

花立峠から滝谷山までは、前回すでに歩いているので、とりで跡コースを引き返します。
押ヶ谷とりで跡がある野村山を越えてくると、とりで跡コース古墳コースの合流地点に着きました。

さらにとりで跡コースを歩いて、牛洞坂へ向かいます。

坂道を下っていくと三叉路があって、木の陰を見ると、牛洞坂への案内板が括(くく)り付けられていました。
とりで跡コースは、この三叉路で鋭角に曲がって、牛洞坂へと伸びているようです。

この三叉路は道に迷いやすそうなので、しっかりとした案内板が欲しいです。

絆の森コースとの合流地点

とりで跡コースを牛洞坂方面へ
とりで跡コースを牛洞坂方面へ

三叉路を出発すると、とりで跡コースの道はほぼ平坦になりました。
大きな起伏もない緩やかな道なので、のんびりした気分で歩けます。

しばらく歩いていると、絆の森コースとの合流地点に着きました。
ふもとの絆の森まで続いているらしいのですが、まだ歩いたことがないので判りません。

ちなみに案内板が立てられている場所の斜め後ろは、尾根が大きく切られて堀切になっていました。
どうやら押ヶ谷とりで跡の遺構のようですが、倒木などが散らかっていてひどい有様です。

見晴らしコースとの合流地点

さて基本的にとりで跡コースは尾根筋なのですが、道ができるだけ平坦になるよう造られています。
そのため心臓の鼓動が激しくなることもなく、あまり汗もかかずに歩いていけます。

それでもたまには、へこんだ場所へ下りることも、盛り上がった場所を越えることもありました。
山に造られた道なので、仕方がありません。

見晴らしコースの終点
見晴らしコースの終点

ということで、見晴らしコースとの合流地点に着きました。
牛洞坂までは、あと 400メートルです。

牛洞坂の峠へ

とりで跡コース牛洞坂が近づくにつれて、段々と勾配が急になっていきました。
牛洞坂が見えるあたりまで来ると、斜面が急すぎるので、道がつづら折りになっています。

何度も道を曲がりながら尾根筋から下りてくると、ようやくとりで跡コースの起点に着きました。
すぐそばを、舗装された牛洞坂が通っています。

牛洞坂の先に石碑が見えたので見に行くと、「牛洞坂開通記念」と刻まれた石碑が立てられていました。
どうやら石碑のある場所が、牛洞坂の峠のようです。

次は、見晴らしコースを歩きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました