【岐阜】揖斐郡大野町の運動公園から森林散策3 その2 (滝まわりコース篇)

森の中を歩く二人 超低山登山
この記事は約3分で読めます。

岐阜県揖斐郡大野町(いびぐん おおのちょう)には、大野町運動公園があります。
野球場や運動場のほか、近くの大谷山には森林散策コースも整備されています。

以前いろんなコースを歩いてみたのですが、バラエティーに富んでいて、かなり楽しめました。
最後に滝まわりコースが残っているので、締めくくりに登ることにします。

森林散策コース案内
森林散策コース案内

大野町運動公園の駐車場に自動車を停めて、山すその道路を反時計回りに歩き、林道に入ったあとは、滝谷一号古墳を見て、滝まわりコース起点まで来ました。

スポンサーリンク

滝まわりコース起点から林道を歩いて

ということで滝まわりコース起点からは、さらに林道を登っていきます。
途中には朽ちかけたベンチがありますが、見晴らしは良くないので、単なる休憩用なのでしょう。

林道が終わると、いよいよ登山道が始まります。
いろいろと注意書きがあるので、ひと通り目を通しておきました。

近ごろは山林所有者の許しを得ずに、不法に伐採したり山道を作ったりする人がいるそうです。
中学生が間違って迷い込み、遭難騒ぎになったのだとか。

ちなみにすぐ近くには、名もなき小さな滝があります。
今回は金尾滝を見に行けなかったので、その代わりにしばし見ておきました。

険しい岩場の階段

さて滝まわりコースは、谷あいの道を登っていくので、道の上には石がたくさん転がっています。
たぶん大雨のときに出来た川によって、運ばれてきたのでしょう。

足元に気を付けながら登っていると、谷川を横切る湿った砂地の道が現れました。
もしものときのために、谷側の木にはトラロープが張られています。

さらにその先は、岩場を登っていく急勾配の階段になっていました。
丸太が設置されたり岩が削られたりして階段状になっていますが、それでもかなりの登りにくさです。

水飲み場で水分補給

岩場を登り終えて緩やかな道を歩いていると、水飲み場がありました。
小さな台の上には、金属製コップも置かれています。

かつては草陰の塩ビ管から水が流れ落ちていたようですが、現在はすっかり涸(か)れています。
仕方がないので谷川から直接、手で水を掬(すく)って、水分補給しました。

水飲み場から歩きだすと、しばらくは道が水浸しになります。
ところが次第に谷川から離れていき、急勾配の斜面を登るつづら折りの道になっていきました。

巨岩の間を通り抜けて

へと続く階段
巨岩へと続く階段

さて急坂の途中で斜面を見上げると、巨岩が地面から突き出していました。
巨岩の方へ伸びる階段と迂回路とがあったので、もちろん険しそうな巨岩への道を選びます。

巨岩に近づいてみると、道は岩の窪んだところを越えていくので、あまり険しくはありません。
岩の上から下をのぞいて見ると、足場の悪さも加わって、すこし恐怖を感じました。

夫婦岩?
夫婦岩?

さらに登ったところには、夫婦岩のように見える二つの岩があります。
渡されているのがトラロープなので、落下防止を目的にしているのだと思われます。

さらに滝谷山を登っていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました