【三重】久しぶりの福王神社は雰囲気が変わりました その1 (参道と社殿篇)

神社仏閣めぐり
この記事は約5分で読めます。

いなべ市から菰野町方面へ、国道306号線を通って北から南へ向かっていると、下り坂を下りたところに「福王神社(ふくおう じんじゃ)」への入り口があります。

大きな看板に真っ赤な顔の天狗の顔が書いてあるので、とてもよく目立ちます。

天狗

かなり前に一度だけ訪れたことがあるのですが、最近はまったく行っていません。
久しぶりに天狗で有名な福王神社に登ってきました。

スポンサーリンク

久しぶりに山の上にある福王神社へ

福王神社は、三重県菰野町(こものちょう)にある神社です。

国道306号線を走っていると神社の参道の入り口には、真っ赤な天狗の顔が描かれた、目立つ看板と鳥居があります。

福王神社の参道の途中

福王神社の参道の途中

ただそこから福王神社までは、かなりの距離を走らなければ、たどり着けません。
道路は徐々に上り坂に変わり、山の中へと入って行きます。

駐車場から参道を見て

駐車場から参道を見て

正面にお店の建物が見えてくると、その手前にかなり広い駐車場の入り口があります。
とりあえず自動車を停めましたが、神社はさらに坂道を登らなければなりません。

途中で追い抜いた自転車の若者は、この坂道を見て引き返していきました。

縁日や例大祭などで混んでいなければ、さらに上の駐車場も利用できます。

縁日と例大祭以外は休業中?

休業中のお店

休業中のお店

コンクリートで舗装された参道を登り始めると、参道沿いにいくつかのお店がありました。
新年のあいさつが書かれた張り紙がしてありましたので、存続はしているようです。

ただ普段はほとんど参拝客が訪れないので、お店は休業していました。

近くに立てられている看板によると、福王神社では毎月 3日、13日、23日に縁日が開かれ、春と秋に例大祭が執り行われるようです。

この縁日と例大祭のときが、お店の書き入れ時なのでしょうね。

福王神社の石段の入り口へ

福王神社の参拝者用駐車場

福王神社の参拝者駐車場

さて、コンクリートで舗装された急な坂道を登っていくと、むかし坂道の途中に建っていた慈弘院というお寺は取り壊されて、参拝者用の駐車場になっていました。

そのお寺の周囲にあった森も伐採され、あたりは広々として明るい雰囲気になっています。

福王神社の石段の入り口

福王神社の石段の入り口

さらに坂道を登っていくと、ようやく福王神社の石段の入り口に到着しました。

その日はたまたま神社の清掃の日だったようです。
数名の氏子の方々がブロワーバキュームを持って、杉の落ち葉を掃除していました。

社殿まで続く長い石段を登る

福王神社の石段と灯籠

福王神社の石段と灯籠

福王神社の社殿は、さらに何段もの石段を登った先にあります。
むかし登ったときには余りにもきついので、途中で休みながら登っていきました。

ところが現在の石段はとても登りやすくなったのか、難なく登っていけます。
たぶん氏子の方々が、参道の石段を整備し直したのでしょうね。

参道の最後の階段

参道の最後の階段

大した汗もかかずに、福王神社の社殿がある福王山の中腹までたどり着きました。
ちなみに上には、石段を登って疲れた参拝者のために、立派な休憩所があります。

福王神社の社殿群

福王神社の社殿

福王神社の社殿

さて福王神社にお祀りしてあるのは、毘沙門天です。
七福神の一柱として有名ですが、別名は四天王の一柱である多聞天とも呼ばれます。

まずは毘沙門堂の前で参拝を済ませました。
ちょっとあたりを見て回りましたが、閑散期なので参拝客がほとんどいません。

社務所のお守り売り場も、おみくじの神饌堂も、もぬけの殻です。
なお呼び鈴などで呼び出せば、ちゃんと出てきてくれるみたいなので、心配は無用です。

 

次は、福王神社の奥の院までさらに登ります。

【三重】久しぶりの福王神社は雰囲気が変わりました その2 (奥の院篇)
久しぶりに天狗で有名な福王神社(ふくおう じんじゃ)に登ってきました。 福王神社は、三重県菰野町(こものちょう)の福王山にある神社です。 御祭神は毘沙門天(びしゃもんてん)ですが、天狗信仰もあるため天狗にまつわる伝説も数多く残されています。 毘沙門堂の前で参拝を済ませたので、次...

コメント

タイトルとURLをコピーしました