【岐阜】岐阜市の舟伏山へ尾崎南運動公園から その2 (蛇首塚から東へ篇)

名所史跡めぐり
この記事は約3分で読めます。

岐阜県岐阜市(ぎふし)には、舟伏山(ふなぶせやま)があります。
百々ヶ峰(どどがみね)山系の千鳥山から、木曽川の対岸に見て以来、登ってみたいと思っていました。

ということで、すこし遠いですが尾崎南運動公園から、舟伏山に登ってきました。
兎走山まで登ると遠いので、岩田山まで登って山を下っています。

舟伏山周辺地図
舟伏山周辺地図

尾崎南運動公園から、舟伏山西登り口まで行って、山頂まで登りました。

蛇首塚の2つの伝説

蛇首塚
蛇首塚

さて舟伏山頂上からさらに東へ歩いていくと、すぐ近くに蛇首塚の石碑がありました。
レファレンス共同データベースによると、蛇首塚には 2つの伝説が残されているそうです。

伝説1 洪水を鎮める

むかし竜が天上から舞い降りてきて、長良川で水をたらふく飲んでいました。
そこへならず者がやってきて、竜の首を切り落としてしまいます。

それ以来、村がたびたび洪水に襲われるようになって、村人たちはたいへん困りました。
竜のタタリに違いないと思った村人たちは、竜の首を舟伏山のてっぺんに埋めて弔いましたとさ。

龍

むかしの人は、竜と蛇をよく混同していました。

伝説2 雨を降らせる

江戸後期、日野村堂後の村人が兎走山へ薪拾いに行き、誤って鎌で大蛇の首を傷つけてしまいました。
村人は家に帰ってくるなり、高熱が出て寝込んでしまいます。

大蛇

その夜、大蛇が夢まくらに立って、つぎのように言いました。

「我は舟伏山の大蛇だ。もう命が尽きるので舟伏山に葬ってほしい。その代わり頼みに来れば雨を降らせよう」

村人は舟伏山のてっぺんに蛇首塚を建てて、ねんごろにお祀りしましたとさ。

送電鉄塔から展望所へ

蛇首塚から程なくして送電鉄塔の下を通ると、急斜面が始まりました。
つづら折りの坂道が右へ左へ曲がりながら、萌芽更新したブナ林の中を下っていきます。

しばらくすると、登山道の脇に展望所がありました。
遮るものが無いので、近くには三峰山が、はるか遠くには名古屋駅前の高層ビル群が見えます。

2つの分岐点

さて尾根筋を緩やかに登ったり下ったりしていると、朴葉(ほうば)だらけの場所がありました。
朴葉みそは飛騨地方の郷土料理として有名ですが、ホウノキは未だに判りません。

ということで、程なく道が二股に分かれていました。
左の道は電力会社の鉄塔巡回路のようなので、まっすぐに登っていきます。

坂道を登りきると、またもや道が二股に分かれていました。
折角ここまで来たので、もう一つの山頂も見に行くことにします。

つぎは岩田山に登ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました