【岐阜】本巣市の船来山へ富有柿の里から その3 (墓地登り口から莚田の砦跡へ篇)

城郭めぐり
この記事は約3分で読めます。

岐阜県本巣市(もとすし)には、船来山(ふなきやま、舟木山とも)があります。
西側ふもとには道の駅「富有柿の里いとぬき」があるので、知らないうちに近くまで来ていました。

ということで、船来山の尾根筋を縦断してきました。
私有地につき立入禁止となっている場所があるので、登り口を探すのにひと苦労します。

船来山周辺地図
船来山周辺地図

船来山遊歩道を下って、赤彩古墳の館で切石を、古墳と柿の館で復元石室を見たあとは、白山神社へ行きました。

スポンサーリンク

妙音寺墓地の奥から、船来山へ

というわけで、白山神社からも船来山頂上まで登れませんでした。
ただこのまま帰るのも、何だ面白くありません。

地図を見ると地区の境界線が山の北端を通っているので、北端からなら境界線上を登っていけそうです。
ということで山すそを時計回りに、山の北端へ向かいます。

登り口を探しながら船来山北端を回り込んでいくと、妙音寺墓地ありました。
墓地の真ん中を貫く石段を一番上まで登り、右側の登り口から船来山に登っていきます。

ようやく船来山頂上へ

さて北側ふもとから船来山に登り始めると、いきなり尾根筋の右側の土砂が崩れていました。
始めからちょっとした難所ですが、高低差は小さいので、足を踏み外さないように気をつけて歩きます。

山道は遊歩道になっている訳ではありませんが、特に歩きにくさは感じませんでした。
地元の有志が目印のヒモをくくり付けたり、倒木や柴などを片付けてくれているのだと思われます。

目印や踏み跡を頼りに登山道を登っていくと、ほどなく船来山頂上に着きました。
富有柿の里へは下りていけないはずですが、なぜか道案内がくくり付けられたままになっています。

土岐氏の拠点、莚田の砦跡

船来山にはかつて、美濃国守護を務めた土岐氏の拠点、莚田の砦(むしろだのとりで)がありました。
山頂は草むらになっていますが、平坦になっているのできっと主郭跡なのでしょう。

指揮をする戦国武将

山頂から郡府山方面へ歩き始めると、尾根が大きく削られて大堀切(おおほりきり)になっていました。
急勾配の坂道を通って、大堀切の底へ下っていきます。

大堀切の底から前後の尾根を見上げると、かなりの高さになっていました。
現在は大堀切の斜面を簡単に登れてしまいますが、かつてはかなり急勾配の斜面だったことでしょう。

いくつも連なる曲輪群

大堀切の底から坂道を登ってくると、また広い平坦地が現れました。
大きさから考えて、たぶん莚田の砦副郭跡でしょう。

工事中の標識

船来山は、山の至るところに古墳が造られていました。
主郭跡も副郭跡もそれらの古墳のてっぺんを平らに削って、造られたようです。

副郭跡らしい平坦地から下っていく途中にも、いくつか小さな曲輪跡がありました。
最後に兵士たちが駐留したと見られる細長い曲輪跡を通り抜けて、明るい方へ歩いていきます。

さらに船来山を歩いていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました