【岐阜】本巣市の船来山へ富有柿の里から その4 (北野神社分岐点から群府山へ篇)

森の中を歩く二人 城郭めぐり
この記事は約3分で読めます。

岐阜県本巣市(もとすし)には、船来山(ふなきやま、舟木山とも)があります。
西側ふもとには道の駅「富有柿の里いとぬき」があるので、知らないうちに近くまで来ていました。

ということで、船来山の尾根筋を縦断してきました。
私有地につき立入禁止となっている場所があるので、登り口を探すのにひと苦労します。

船来山周辺地図
船来山周辺地図

妙音寺墓地から、船来山頂上まで登ったあとは、莚田の砦跡の遺構群を見ながら、郡府山方面へ進みました。

スポンサーリンク

展望所で濃尾平野を望む

さて船来山頂上から郡府山方面へ歩いていると、展望所らしい明るい場所に出ました。
山頂からは濃尾平野を一望できる、とふもとの解説板にありましたが、実際に見えるのは一部のみです。

解説板にはさらに、山頂や中腹からは池田山養老山地名古屋方面まで見渡せる、と書かれていました。
素晴らしい眺望は、このあとに期待することにしましょう。

展望所から程なくのところには分岐点があって、ふもとの北野神社へと続く道が左へ分かれていました。
北野神社まで行っている余裕はないので、まっすぐに郡府山の方へ歩いていきます。

古墳手前の分かれ道

緑のトンネルをくぐっていると、目の前にこんもりとした土盛りが現れました。
不自然にきれいな形をしているので、たぶん円墳だと思われます。

前方後円墳

円墳を避けるように、道は左右に分かれていました。
道案内はありませんが、右の道は立入禁止のようなので、左へ進むことにします。

あたりには河原から運んできたと思われる、角の取れた丸石がたくさん散らばっていました。
たぶん円墳の表面に敷き詰められていた、葺石(ふきいし)だと思われます。

竪堀と堀切を渡って、郡府山頂上

さてしばらくなだらかな尾根筋を歩いていると、マツの木の生えた明るい場所に出ました。
道がぐにゃりと曲がっていたのでよく見ると、枯れ草で埋められていますが竪堀跡のようです。

さらにしばらく進んだところには、一般的な土橋ではなくて木橋が架けられた堀切跡もありました。
莚田の砦跡は船来山頂上付近だけでなく、郡府山の方まで広がっていたようです。

ということで堀切跡から登っていくと、すぐに郡府山頂上に着きました。
砦跡があったらしく、山頂はやっぱり平坦地になっています。

郡府という地名は、かつて席田郡(むしろだ ぐん)の郡司が住んでいたことに由来します。
現在は「ぐんぶ」と読むようですが、かつては「ぐんふ」だったようです。

新撰美濃志のコマ番号:212/446
国立国会図書館デジタルコレクションより

送電鉄塔からの眺め

送電鉄塔の根元へ

郡府山頂上から程なくのところには原っぱがあって、送電鉄塔が建てられていました。
まわりに高い木がないので、見晴らしが良さそうです。

送電鉄塔の根元に立って北東の方角を眺めると、御望山が見えました。
また南西の方角を眺めると、はるか遠くの霊仙山と大きな池田山がみえました。

ただ残念ながら名古屋方面は、生い茂る木が邪魔をして見えませんでした。
船来山の石切場から名古屋城まで、重い石垣の石を運んだなんて驚きのひと言です。

さらに郡府山の尾根筋を下っていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました