【滋賀】東近江市にある布施公園から山城跡と溜池へ その2 (登り口から展望台へ篇)

森の中を歩く二人 超低山登山
この記事は約4分で読めます。

近頃、滋賀県東近江市(ひがしおうみし)に点在する、低めの山によく登ります。
すると山の展望台から、布施山(ふせやま)を見掛けることがありました。

調べてみると、ふもとの布施公園には駐車場だけでなく溜池などもあるので、布施山に登ったついでにあたりを散策してきました。

【滋賀】東近江市にある布施公園から山城跡と溜池へ その1 (野草園と野鳥観察篇)
近頃、滋賀県東近江市(ひがしおうみし)に点在する、低めの山によく登ります。 すると山の展望台から、布施山(ふせやま)を見掛けることがありました。 気になったので、ふもとに駐車場が無いか調べてみると、布施公園があるようです。 その布施公園には駐車場だけでなく溜池もあるので、何だか面白そうでし...

布施公園の駐車場に自動車を停めて、芝生広場の周りの並木道を歩き、野草園野鳥観察施設を訪れたあとは、布施山城跡の登り口まで来ました。

スポンサーリンク

布施山城跡へ

さてお地蔵さんの横から布施山に登り始めると、いきなり道が 3方向に別れていました。
布施山城跡へ登るには、右斜め前の道へ進むように案内があります。

分かれ道に立つ男性

ちなみに分かれ道を右へ行くと、川があって行き止まりですが、石組みの祠があります。

また分かれ道をそのまままっすぐ奥へ行くと、かなりの遠回りですが石垣山麓居館跡らしき場所を経由して、平内屋敷跡へ行けるそうです。

ただその道は整備されていなさそうなので、案内板は期待できません。

築城のための採石場か?

布施山の登り始めのあたりには、至るところに大岩が転がっています。

その中の一つの岩には、ノミで刻まれた穴の跡が、点々と一直線上に並んでいました。
きっとそれらの穴に尖った楔(くさび)を打ち込んで、岩を真っ二つに割ったのでしょう。

岩

その他にも、割られたまま放置されている岩がいくつもありました。
どうやら布施山のふもとは、布施山城を築くための採石場だったようです。

平内屋敷跡と伝わる場所

平内屋敷跡

平内屋敷跡

しばらく登っていくと、「平内屋敷跡」と名付けられた広くて平らな場所がありました。
案内板によると、「城を守る家来の建物があった所」となっています。

言い伝えでは、安井平内(やすい へいない)の屋敷があった場所ということになっています。
しかし確かな証拠がないので、案内板が曖昧(あいまい)な表現になっているのでしょう。

右大臣

平内とは、「平氏の内舎人(うどねり)」を略したもので、源氏なら「源内」。
内舎人とは、宮中の役職の一つで、警護人(ガードマン)のような人のこと。

山城の跡地なので

さて平内屋敷跡を過ぎると、途端に道が険しくなりました。
布施山はもともと山城だったので、山頂への道が登りにくいように、段差が造られています。

山城が機能していた頃は、かなり登りにくかったと思われますが、現在は登りやすいように、段差には丸太で階段が設けられました

暴風雨

なお斜面はかなり荒れており、樹木が根こそぎ倒れていることもありましたが、道が塞がれていることはありません

邪魔な倒木は短く切り分けられて、邪魔にならない場所に置いてありました。

山腹の展望台

すこし緩やかな道

すこし緩やかな道

すこしだけ緩やかな道を登って、そのあと丸太の階段を登ると、突然に見晴らしの良い場所へ出ました。

見晴台に立ったときは、ちょうど雲の陰に入ってしまったようで、残念ながらふもとの布施溜池などが暗くなってしまいました。

しかし広大な湖東平野を遠くの方まで見渡せました。

 

さらに布施山城跡を登ります。

【滋賀】東近江市にある布施公園から山城跡と溜池へ その3 (二の郭と埋見門跡篇)
近頃、滋賀県東近江市(ひがしおうみし)に点在する、低めの山によく登ります。 すると山の展望台から、布施山(ふせやま)を見掛けることがありました。 調べてみると、ふもとの布施公園には駐車場だけでなく溜池などもあるので、布施山に登ったついでにあたりを散策してきました。 布施山城跡の...

コメント

タイトルとURLをコピーしました