【認定デジタル販売者宣言】アドセンスに従ってads.txtファイルを作成する

その他 インターネット
この記事は約3分で読めます。

広告枠の偽装という問題があるそうです。

その問題を放置したままにしておくと、Google AdSense(グーグル アドセンス)での収益に重大な影響が出るとのこと。

怒る警察官の女性

Google AdSense にログインすると、要注意メッセージが出ていたので早速、認定デジタル販売者宣言をしておきました。

認定デジタル販売者宣言は、ads.txt ファイルの中に記述します。

スポンサーリンク

AdSense に要注意メッセージが

要注意 - ads.txtファイル

昨日(2019.06.04)の朝、いつものように Google AdSense にログインすると、次のような要注意メッセージが出ていました。

要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう。この問題を今すぐ修正して下さい。

収益に重大な影響が出ると嫌なので、「ヘルプ」を見ながら問題を修正します。

あらかじめサイト運営者IDを確認

ads.txt ファイルを作成するには、自分のサイト運営者ID が必要です。
あらかじめ Google AdSense のサイトで確認しておきます。

アカウント情報を見る

アドセンスのサイドメニュー

作業手順:

  1. Google AdSense にログイン。
  2. 画面左上の「メニュー」アイコンをクリック。
  3. サイドメニューから「アカウント」->「設定」-> 「アカウント情報」をクリック。

サイト運営者ID を確認

アカウント情報

作業手順:

  1. サイト運営者ID のヨコに表示されている、pub-XXXXXXXXXXXXXXXX を確認。

あとでサイト運営者ID をコピーするので、このままこのページを開いておきます。

ads.txt ファイルを作成

それでは ads.txt ファイルを作成します。

google.com, pub-XXXXXXXXXXXXXXXX, DIRECT, f08c47fec0942fa0

作業手順:

  1. テキストエディタ(メモ帳など)を起動。
  2. 上記の 1行をそのまますべてコピーして、テキストエディタに貼り付ける。
  3. 先ほど開いておいた「アカウント情報」ページで、「pub-」から始まるサイト運営者ID をコピー。
  4. カンマ(,)で区切られた 2番目の値を、コピーしたサイト運営者ID で置き換える。
  5. 好きなフォルダに「ads.txt」と名前を付けて保存。

シャープ(#)で始まる行は、コメント行になります。

ads.txt ファイルをサイトに転送

ドローンで運ぶ

作成した ads.txt ファイルを FTPクライアントソフト(FFFTP など)を使って、サイトのルートディレクトリに転送します。

FTPクライアントソフトの設定は、レンタルサーバーヘルプをご覧ください。

ドメイン名が「example.com」の場合、転送先は「https://example.com/ads.txt」です。

またたとえば「blog.example.com」のように、サブドメイン名を使っていたとしても、転送先は同じく「https://example.com/ads.txt」になります。

あとがき

さて ads.txt ファイルを転送したからと行って、すぐに Google AdSense の要注意メッセージが消える訳ではありません。

睡眠中の男性

ads.txt ファイルが認識されるまでには、それなりの時間が掛かるようです。
しばらくの間は要注意メッセージが表示されるので、焦らないでのんびりと待ちましょう。

要注意メッセージの内容が変わった場合は、さらなる対処が必要になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました