【岐阜】各務原市の権現山へ蘇原自然公園から その1 (駐車場から尾根筋へ篇)

神社仏閣めぐり
この記事は約3分で読めます。

岐阜県各務原市(かかみはらし)にも、ご多分に漏れず権現山(ごんげんやま)があります。
山頂へとまっすぐに登っていく石段の先には、多度神社が祀(まつ)られているのだとか。

ということで、各務原の権現山に登ってきました。
帰りはついでに、白山神社岩滝六所神社の方へも足を伸ばしています。

権現山周辺地図
権現山周辺地図

蘇原自然公園の駐車場へ

まずは、蘇原自然公園(そはら しぜんこうえん)の駐車場へ向かいました。
おがせ街道の交差点「吉野町」で北へ入ったら、田園地帯をそのまままっすぐに進みます。

つぎは新境川を渡ったらすぐの、信号のある交差点で右(東)へ曲がります。
最後は田園地帯の道端に設置されている案内板にしたがって、左(北)へ曲がります。

山へ向かってすこし上り始めると、蘇原自然公園の駐車場に着きました。
なお公園のすこし南から、西へ入って細い道を進むと、西側の駐車場へ行けます。

伊吹の滝と不動明王

伊吹の滝
伊吹の滝

さて蘇原自然公園から山へ向かって歩いていくと、程なく水の流れ落ちる音が聞こえてきました。
滝の名前は「伊吹の滝」といい、かつてこのあたりが蘇原郷伊吹村だったことに由来するようです。

石段を登っていった先には、立派な堂宇も建てられていました。
参道沿いに立てられたのぼり旗によると、祀(まつ)られているのは滝につきものの不動明王のようです。

ヘビ

ちなみに滝の近くには、蛇宮の祠(ほこら)もありました。
平成中ごろ、冬眠もせず滝周辺をウロウロしていたヘビを祀ってあるそうで、ご利益があるのだとか。

権現山登山者の多くは、伊吹の滝の駐車場を利用しているようです。

蘇原自然公園遊歩道入り口

伊吹の滝から参道を挟んで反対側には、蘇原自然公園遊歩道の入り口がありました。
権現山頂上(標高232メートル)までは約1000メートルで、山頂には休憩所があって眺めが良いそうです。

蘇原自然公園遊歩道案内板
蘇原自然公園遊歩道案内板

蘇原自然公園遊歩道を登り始めると、今度は案内板が設置されていました。
はじめにつづら折りを登って、つぎに尾根筋を歩いたあと、山頂の展望台までまっすぐ登るようです。

ということで、蘇原自然公園遊歩道を登り始めました。
舗装道路が終わると、いよいよ勾配が急になるようで、箱に杖が何本も用意されています。

つづら折りを登って尾根筋へ

蘇原自然公園遊歩道は、道幅が広くて丸太階段が整備されており、とても歩きやすくなっていました。
はじめはつづら折りの上り坂が続くので、ときどき景色を眺めながら休憩します。

息を整えながら坂道を登っていると、程なく尾根筋にたどり着きました。
今回の目的は、権現山頂上権現山展望台まで登ってくることなのですけどね。

ただ案内板に記されている、逆方向のところにあるらしい岩滝六所神社が気になりました。
案内板が見に来てほしいと、しきりに訴えてかけているようです。

さらに権現山を登っていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました