【SEO】インデックスカバレッジの問題 その1 (URLが見つかりません (404)篇)

ワードプレス
この記事は約3分で読めます。

ボクは、WordPress(ワードプレス)で、ブログをしています。

そのブログサイトに対して、Google(グーグル)から「インデックス カバレッジ」の問題が新たに検出されましたとのメールが届きました。

虫眼鏡を持つ医者

その問題とは次の 2つです。

  • 「送信された URL が見つかりませんでした(404)」
  • 「送信された URL に noindex タグが追加されています」

まずは「送信された URL が見つかりませんでした(404)」を修正してみました。

スポンサーリンク

原因は、Google XML Sitemap の設定

原因は、WordPress に導入しているプラグイン「Google XML Sitemap」の設定が、上手くできていないことでした。

インターネット検索

プラグイン「Google XML Sitemap」は、SEO を向上させるために、最適なサイトマップを作成して、Googleなどの検索エンジンに送信します。

検索エンジンでは、そのサイトマップを使用して、効率的に検索するためのインデックスを作成します。

このプラグインは導入しただけで、まったく設定を見直していませんでした。
そのツケが回ってきたようです。

HTML形式のサイトマップに対するエラー

プラグイン「Google XML Sitemap」は、「HTML形式でのサイトマップを含める」にチェックがついていると、HTML形式のサイトマップを作成します。

ページが見つかりません(404)

このHTML形式のサイトマップのせいで、「送信された URL が見つかりませんでした(404)」のエラーが出ていたようです。

HTML形式のサイトマップは、人間がサイトマップの内容を理解するためのものです。
普段、見ていないのであれば、まったくもって不要です。

HTML形式でのサイトマップを含める をやめる

ということで、「HTML形式でのサイトマップを含める」のチェックをはずしました。

プラグイン「Google XML Sitemap」の基本的な設定のHTML形式でのサイトマップを含める

作業手順:

  1. サイドメニュー > 設定 > XML-Sitemap と進む
  2. XML Sitemap Generator for WordPress の設定画面で「HTML形式でのサイトマップを含める」のチェックをはずす
  3. 設定画面の一番下の「設定を更新 ≫」ボタンをクリック

検証を依頼

インデックスカバレッジの問題に対する修正を検証してもらう

Google Search Console で、正しく修正できたか検証を依頼しました。

  1. Google Search Console にログイン
  2. サイドメニューの「インデックス」グループの「対象範囲」をクリック
  3. 「対象範囲」画面の「詳細」グループの中で「送信された URL が見つかりませんでした(404)」をクリック
  4. 「修正を検証」ボタンをクリック
検証結果のメールが届くまでには、かなりの日数が掛かります。
検証を依頼

結果を確認

しばらくすると Google から、次のような件名の検証結果メールが届きました。
「サイト○○に関する『対象範囲』の問題が修正されました」

サイトの対象範囲の問題が修正された旨のメール URLが見つかりません(404)

メールの最後に表示されている「問題の詳細を確認する」ボタンをクリックして、Google Search Console にログインします。

Google Search Console インデックス対象範囲のエラー

対象範囲の詳細を確認すると、まずは「送信された URL が見つかりませんでした(404)」のエラーの数が 0 になり、合格になりました。

\今すぐ価格をチェック/
デル株式会社
[広告] デルの New XPS 13 7390(2019年9月6日発売)

依然として残るもう1つのエラー

ロダンの考える人

ただ「送信された URL に noindex タグが追加されています」のエラーの数は依然として、65 のままです。

次は、もう一つのエラーも修正します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました