【三重】御在所岳と湯の山温泉に行った話 その4 (旧東海道関宿篇)

名所史跡めぐり
この記事は約4分で読めます。

三重県の菰野町(こものちょう)のあたりにある湯の山温泉に行くついでに、その周辺も観光しています。

湯の山温泉の料理旅館「三峯園」に一泊し、朝を迎えました。

温泉に浸(つ)かったお陰なのか、ぐっすりと眠れ、清々(すがすが)しい朝を迎えられました。

スポンサーリンク

朝食でめずらしくご飯をおかわり!

温泉に行く男性

寝床から出て、まずは温泉に入りに行くと、もうすでに先客がいました。

タンクトップ型の日焼け跡があったので、たぶん体育会系の人だと思われます。
昨日、御在所岳(ございしょだけ)の岩の上にいた人かも知れません。

湯の山温泉の旅館「三峯園」の朝食
湯の山温泉の旅館「三峯園」の朝食(よく見たら、箸袋が夕食のときと違います)

朝食を摂るため、昨日の晩と同じ部屋に行くと、すでに料理が用意してありました。
ご飯をよそって汁椀のフタを取り、いざ実食です。

ご飯

普段、自宅で食べる朝食は、パンとヨーグルトを食べて、野菜ジュースを飲むぐらいです。
しかし、旅館の料理はとても美味しいので、珍しくご飯をおかわりしてしまいました。

いよいよ旅館を出発!

料理旅館「三峯園」の廊下から入り口を見て
料理旅館「三峯園」の廊下から入り口を見て

出発の用意をして忘れ物がないかを確認し、いよいよ出発です。
昨日に続いて今日もいい天気だったので、楽しい旅行になりそうでした。

料理旅館「三峯園」の看板
料理旅館「三峯園」の看板(旅館を振り返って)

旅館のフロントでチェックアウトして、階段を下りていきました。
近場でこんなに良い旅館があったなんて、知らなくて今まで損していた気分です。

湯の山温泉の中を流れる川
湯の山温泉の中を流れる川(そこら中に大岩が転がる川。せせらぎが耳に心地よい)

また折を見て、泊まりに来たいと思います。

湯の山温泉 旅館 三峯園(さんぽうえん) | 三重県
当館は湯の山温泉の高台にあり、四季折々の景観と川のせせらぎが堪能できる、総客室数8室のこじんまりとした温泉宿です。

関宿へ向かう途中のドライブイン

県道577号線を東に下り国道477号線へ、そして国道306号線を南下し、国道1号線に入ると今度は西に向かいました。

名阪国道の入り口の手前にある、ドライブイン「あんぜん文化村」でちょっと休憩です。
ここは普段からたまに来ています。

ぶっかけうどん

よくお土産コーナーで伊勢うどんを買ったり、フードコートで安くて美味しいご飯を食べたりしています。
ただその雰囲気は昔、国道沿いによくあった大衆食堂っぽいです。

道の駅

最近は誰も彼もが道の駅ばかりに停まるので、ドライブインは空(す)いています。
ということで、ゆっくりとお土産を買えました。

ドライブイン安全文化村は、2020年10月いっぱいで閉店したようです。

旧東海道関宿の中は狭い

関宿の名前は、「鈴鹿関(すずかのせき)」に由来します。
壬申の乱の直後に造られた三関(さんげん)の内の一つです。

以前、母を旧東海道の関宿に連れて行ったときは、関西本線「関駅」の西隣にある道の駅「関宿」から歩いていきました。

しかし今回は、車で関宿の中を通ってみることにしました。
実際に通ってみると、対向車とすれ違うのがギリギリで、ちょっと怖かったです。

旧東海道の関宿のまち並み
旧東海道の関宿のまち並み

亀山市関支所の近くに無料駐車場を見つけ、車を停めました。

旧東海道関宿の古いまち並み

駐車場の横で待機中のガイドさんがおっしゃるには、関宿の古民家は、本当に江戸時代に建てられた古民家だそうです。

ちょっと古い町並みを歩いてみることにしました。

しかしいかんせん、母に疲れが出てしまいました。
昨日、御在所岳の山上公園で歩いたのが、足腰に響いたようです。

関の地蔵院

関の地蔵院
関の地蔵院

最後に関の地蔵院を見て、早々に引き上げることにしました。

もともと境内は、ぐるっと塀で囲まれていたのでしょう。
しかし北側の塀がないので、境内は開放的な雰囲気になっています。

お地蔵さん

なお予約しておけば、拝観料を払って本堂の中に入れるようです。
本堂の中には、お寺の名前の由来になった、お地蔵さんが据えられているようです。

関地蔵院
わが国最古の地蔵菩薩で知られる関地蔵院。天平13年、奈良東大寺の僧行基が、天然痘から人々を救うため、この関の地に地蔵菩薩を安置

あとがき

三重県にある湯の山温泉は、岐阜県の関ヶ原からあまりにも近いので、町内のバス旅行などで企画されることがなく、来たことがありませんでした。

しかし、いざ来てみると大変雰囲気がよく、近くに椿神社や御在所岳もあって、とっても良いところでした。

温泉に入る男性

また機会があったら湯の山温泉に来たいと思います。

なおこのあと、滋賀県を通って帰ったのですが、かなり遠回りになってしまいました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました