【岐阜】お月見参拝で有名な行基寺に、年末の真っ昼間に行ってきました

神社仏閣めぐり
この記事は約4分で読めます。

いろんなお寺を巡っていると、由緒書などに「このお寺は行基(ぎょうき)というお坊さんが建てました」というようなことが、書かれていることがあります。

大仏

行基といえば、奈良の東大寺大仏殿にある大仏を建立したことで有名です。
しかし、それ以前にも多くの寺院などを建て、溜池、堀や溝、橋なども造りました。

そんな行基の名前がついているお寺「臥龍山 行基寺」が、以前からとても気になります。
ということで、多度大社からの帰りにちょっと立ち寄ってきました。

【三重】多度大社といえば「上げ馬神事」ですが、混雑を避けて年末に参拝です
先日ひさしぶりに、三重県桑名市多度町(くわなし たどちょう)にある多度大社に行ってきました。 多度大社といえば、「上げ馬神事」が有名で、毎年ニュースに取り上げられます。 年中行事の時期は、道路も駐車場も境内も大混雑します。 ということで、年末の閑散期にお参りしてきました。 そ...
スポンサーリンク

国道258号線から行基寺へ

今回は、たまたま最初に看板を見つけた、交差点「上野河戸」から南に入ることに。
覚法寺の横を通り、そのままさらに山道を登って、行基寺まで進みました。

道路の幅がかなり狭い上に、状態もあまり良くありません。
大きめの枝などが落ちたままになっていたりして、結構進むのが大変でした。

通常は、もう一本西側の道路を Z字に登っていくのが、正解だったかも知れません。
次回行くときには、そちらの道を通ってみることにします。

行基寺の駐車場からの眺め

行基寺から濃尾平野

行基寺の駐車場から濃尾平野

さて山道を登っていくと、行基寺の石垣とその上に建つ黒い塀が見えてきます。
しかし駐車場はさらに進んだ先にあるようなので、黒塀の前を通り過ぎていきました。

行基寺の駐車場は見晴らしが良く、むかし臥龍山にあったという石灯籠が再建されています。
眼下には、濃尾平野を流れる津屋川と揖斐川が見えました。

行基寺の石垣の上の黒塀

行基寺の石垣の上の黒塀

では石垣と黒塀に沿って歩き、行基寺の入り口まですこし戻ります。
行基寺の境内は石垣の上にあり、その周りを黒い塀に囲まれているようでした。

楼門には「三つ葉葵」の家紋

行基寺の楼門

行基寺の楼門

行基寺の楼門には、よく見ると徳川家・松平家の家紋である「三つ葉葵」が彫られています。

徳川家康のひ孫にあたる松平義行が、美濃高須藩の領主になったとき、このお寺が松平家の菩提寺になったからです。

葵の御紋の印籠

山の上のあまり人気(ひとけ)のないお寺なのに、こんなに立派な建物群が建っているのは、松平家が莫大な寄進をしたからなのですね。

行基寺 | 美濃高須藩 / 庭園 眺望 /岐阜県 海津市 観光 名所
行基寺では濃尾平野一帯を一望できる眺望、枯山水庭園、四季折々の自然を楽しむことができます。

行基寺の境内を散策

行基寺の楼門をくぐると、境内には様々な木が植えられており、その中を散策できるように石畳が敷かれています。

雪景色

冬なので葉が落ちてしまい、あまり華やかさはありませんが、そこはかとない趣があります。
軽く雪が降ったあとであれば、さぞや美しい雪景色が楽しめることでしょう。

ただ猛烈な寒波が来るようなので、そんな景色を楽しんでいる余裕はないかも知れません。
雪が降った後の山道は、登りも下りも滑るので大変でしょうから。

庭園の拝観は年末なので休止

行基寺の受付

行基寺の受付

さて行基寺の受付まで来ました。
しかしカーテンが閉められ、窓ガラスには参拝者への手紙が貼られていました。

残念ながら年末は、大掃除をするためでしょうか、庭園の拝観は出来ないとのことです。
年が明ければ、再び拝観できるようなので、初詣でなどで訪れるといいかも知れません。

抹茶

なお庭園を拝観するときに、別途料金を支払えば抹茶を飲めるそうです。
庭園を見ながら一服するというのも風流ではありませんか。

あとがき

行基寺の楼門(脇)

行基寺の楼門(脇)

行基寺に年末に訪れるのは、どうやら失敗だったようです。
次回は、新緑の季節または紅葉の季節に、庭園と抹茶を楽しむために来ることにします。

そのときも今回のように、あまり混雑していなければいいのですけどね。

ちなみに行基寺は、行基が82歳のときに亡くなった場所であると伝えられています。
行基の菩提寺であることから、行基寺と名付けられています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました