【岐阜】竹中半兵衛重治の居城があった菩提山城跡へ その1 (菩提所禅幢寺篇)

神社仏閣めぐり
この記事は約3分で読めます。

竹中半兵衛は戦国時代の武将で、織田信長と豊臣秀吉に軍師として仕えました。

大河ドラマになった黒田官兵衛とともに、2人合わせて「両兵衛(りょうべえ)」や「二兵衛(にへえ)」と称されるほど、活躍した人です。

急峻な山

竹中半兵衛は、岐阜県垂井町(たるいちょう)にある菩提山城を拠点としていました。
前回は、その嫡男が建てた竹中氏陣屋の跡地を訪れましたので、今回は菩提山に登ります。

【岐阜】軍師の竹中半兵衛重治ゆかりの陣屋跡と菁莪記念館を訪れてきました
竹中半兵衛は戦国時代の武将で、織田信長と豊臣秀吉に軍師として仕えました。 大河ドラマになった黒田官兵衛とともに、2人合わせて「両兵衛(りょうべえ)」や「二兵衛(にへえ)」と称されるほど、活躍した人です。 竹中半兵衛は、岐阜県垂井町(たるいちょう)にある菩提山城を拠点としていました...
スポンサーリンク

ふたたび竹中氏陣屋跡の駐車場へ

竹中氏陣屋跡へは、関ヶ原バイパス(国道21号線)の丁字路「野上西」から県道53号線に入り、交差点「長畑」を北へ左折して集落の中を通っている県道257号線を進みます。

垂井町岩手の観光駐車場

垂井町岩手の観光駐車場

左側に巨大な石垣と櫓門(やぐらもん)を見ながらさらに進むと、右側に無料の観光駐車場がありました。

今回はいよいよ、竹中半兵衛の居城だった菩提山城跡(ぼだいさんじょうせき)に登ります。
前回、登山者が帰ってくる姿を見ていたので、ちょっと気になっていたのです。

菩提山の登山口を探して

前回、菁莪記念館の地図で見たのですが、菩提山の登山口がどこなのかすっかり忘れました。
しかし適当に菩提山のふもとを歩いていれば、そのうち登山口があるはずです。

ということで、とりあえず県道257号線を北へ向かいました。

すると前方に、JR東海道本線のガードが見えてきました。

これは、JR垂井駅からJR関ヶ原駅への急な上り坂を、貨物列車が迂回するための路線です。
軍事物資を運ぶ貨物列車がノロノロ走って敵に狙われないように、戦時中に作られました。

鉄道のガードをくぐった後は、すこしでも菩提山の方へ近付くため、旧道に入ります。

竹中半兵衛の菩提寺

禅幢寺の山門

禅幢寺の山門(軍師 竹中半兵衛の幟が立っています)

さて旧道を歩いていると、禅幢寺(ぜんどうじ)の建物群が見えてきました。
入り口の右脇に建てられた石柱を見ると、「竹中半兵衛菩提所 岩手村禅幢寺」とあります。

竹中半兵衛のお墓があるようなので、ちょっと入ってみることに。

禅幢寺の山門をくぐると本堂の左脇に、竹中半兵衛のお墓を指し示す看板が立っていました。
まずは本堂の正面まで石畳を進み、看板にしたがって左へ歩いていきます。

幟(のぼり)に案内されて奥へ進んでいくと、祠(ほこら)の形をした竹中半兵衛のお墓がありました。

菩提山城跡の登山口へ

禅幢寺の看板

禅幢寺の大きな看板

では、ふたたび旧道に戻ってさらに北へ進みます。

禅幢寺の大きな看板のところまで来ると、奥に八幡神社の鳥居と幟があって、菩提山の方へ行けるように見えました。

菩提山登山口の看板

菩提山登山口の案内板

鳥居の近くまで歩いていくと案の定、菩提山城跡を指し示す案内板が出ています。
ようやく菩提山の登山口を見付けられました。

 

次はいよいよ菩提山を登ります。

【岐阜】竹中半兵衛重治の居城があった菩提山城跡へ その2 (菩提山登山道篇)
竹中半兵衛は戦国時代の武将で、織田信長と豊臣秀吉に軍師として仕えました。 岐阜県垂井町(たるいちょう)にある菩提山城を拠点としていたので、そこを訪れています。 まずは、竹中半兵衛の菩提所である禅幢寺(ぜんどうじ)にお参りしました。 お寺から出てくると、運良く菩提山城跡への入り口があ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました