【岐阜】竹中半兵衛重治の居城があった菩提山城跡へ その3 (菩提山城跡篇)

森の中を歩く二人 城郭めぐり
この記事は約4分で読めます。

竹中半兵衛は戦国時代の武将で、織田信長と豊臣秀吉に軍師として仕えました。
岐阜県垂井町(たるいちょう)にある菩提山城を拠点としていたので、そこを訪れています。

天空の城

ふもとの八幡神社から菩提山の大手道を登って、菩提山城跡の最初の遺構に着きました。
「堅堀」という地味な遺構でしたが、他にはどんな遺構があるのか楽しみです。

【岐阜】竹中半兵衛重治の居城があった菩提山城跡へ その1 (菩提所禅幢寺篇)
竹中半兵衛は戦国時代の武将で、織田信長と豊臣秀吉に軍師として仕えました。 大河ドラマになった黒田官兵衛とともに、2人合わせて「両兵衛(りょうべえ)」や「二兵衛(にへえ)」と称されるほど、活躍した人です。 竹中半兵衛は、岐阜県垂井町(たるいちょう)にある菩提山城を拠点としていました...
スポンサーリンク

雑木林の向こうに大きなのぼり旗

菩提山の山頂付近

菩提山の山頂付近(肉眼だと山頂ののぼり旗が見えました)

さてさらに登っていくと、雑木林の向こうに大きなのぼり旗が見えてきました。
いよいよ頂上に着いたのかと思って、足取りも軽やかに丸太の階段を登っていきます。

足軽

しかしここは、名代(なだい)の軍師である竹中半兵衛が作った菩提山城の跡地です。
すぐそこに頂上が見えていたとしても、そう易易とは頂上にたどり着けません。

残念ながら道は一旦、左に曲がってしまいました。

険しく切り立った切岸と大手曲輪

菩提山城跡の切岸

菩提山城跡の切岸

頂上はそこに見えているのに、切り立った「切岸(きりぎし)」に行く手を阻まれます。
敵がここに攻め入って来たなら、ここで矢攻めに遭っていることでしょう。

なお道の谷側には、「大手曲輪(おおてくるわ)」があります。
斜面に合わせて三段構造になっており、広い敷地であったことが容易に想像できます。

敵を惑わすためでしょうか、登山道はここから下り坂になっていました。

三の曲輪と出曲輪とを隔てる堀切

菩提山城跡の三の曲輪

菩提山城跡の三の曲輪

さて坂道を下りてくると広々とした「三の曲輪」に出ました。
案内板によると、「出・腰曲輪」は奥の方にあるとのことなので、行ってみることに。

菩提山城跡の堀切

菩提山城跡の堀切

するとそこは、深い「堀切(ほりきり)」になっていました。
向こうに「出曲輪(でぐるわ)」らしき看板が見えたので、ちょっと行ってみます。

菩提山城跡の出曲輪からの景色

出曲輪から濃尾平野

ただ「出曲輪」まで来ても立て札だけで、何の説明もありません。
ふもとを見下ろすと、広大な濃尾平野が広がっていたので、景色は良かったのですけどね。

ようやく菩提山の頂上へ

菩提山の頂上へ

菩提山の頂上へ

では大手道に戻って、ふたたび菩提山の頂上を目指します。
頂上に近付くにつれ、のぼり旗の数が増えてくるので、ワクワクしてきました。

さて頂上に着いたら、まずは右手の「二の曲輪」から見て回ることにしました。
そこから柵に沿って「本曲輪」へと移動し、さらに腰曲輪から周囲の景色を堪能します。

一通り見て回り、しばらくベンチに座って休憩したら、残りの曲輪を見に行きました。

台所曲輪から西の曲輪へ

まずは台所があったという「台所曲輪」を歩き、そのまま崖の下にある「西の曲輪」まで、坂道を下っていきました。

菩提山城跡の説明図

菩提山城跡の説明図(山頂の本曲輪にあります)

地図には「北の水の手」という場所が書いてあったので、すこし探索してみることに。

さらに森の奥へと進んで左に曲がり尾根伝いに下りてみると、ハイキングコースではないのですが、地面に人が歩いた形跡が残っていました。

キョロキョロと探す男性

ただ「北の水の手」を示す案内がどこにもないのです。
このまま下りてもどこに着くか判らないので、ふたたび「台所曲輪」まで登ってきました。

 

次は「菩提入り口」へ下山して帰ります。

【岐阜】竹中半兵衛重治の居城があった菩提山城跡へ その4 (下山のち白山神社篇)
竹中半兵衛は戦国時代の武将で、織田信長と豊臣秀吉に軍師として仕えました。 岐阜県垂井町(たるいちょう)にある菩提山城を拠点としていたので、そこを訪れています。 菩提山城跡に着いたので、随所に配置された遺構をめぐり、ふもとの景色も堪能しました。 帰りは「菩提入り口」へ下りていきます。...

コメント

タイトルとURLをコピーしました