【岐阜】竹中半兵衛重治の居城があった菩提山城跡へ その4 (下山のち白山神社篇)

神社仏閣めぐり
この記事は約4分で読めます。

竹中半兵衛は戦国時代の武将で、織田信長と豊臣秀吉に軍師として仕えました。
岐阜県垂井町(たるいちょう)にある菩提山城を拠点としていたので、そこを訪れています。

天空の城

菩提山城跡に着いたので、随所に配置された遺構をめぐり、ふもとの景色も堪能しました。
帰りは「菩提入り口」へ下りていきます。

【岐阜】竹中半兵衛重治の居城があった菩提山城跡へ その1 (菩提所禅幢寺篇)
竹中半兵衛は戦国時代の武将で、織田信長と豊臣秀吉に軍師として仕えました。 大河ドラマになった黒田官兵衛とともに、2人合わせて「両兵衛(りょうべえ)」や「二兵衛(にへえ)」と称されるほど、活躍した人です。 竹中半兵衛は、岐阜県垂井町(たるいちょう)にある菩提山城を拠点としていました...
スポンサーリンク

菩提入り口への分岐点

案内の多い分岐点ふたたび

案内の多い分岐点ふたたび

さて菩提山城跡から下りてくると、ふたたび案内の多い分岐点まで来ました。
登りとは異なる登山道を通って下山したいので、下りは「菩提入り口」へと向かいます。

こちらの道は距離が短めなので、ふもとから山頂までひたすら尾根伝いに登りっぱなしです。
傾斜が急なところも多いため、丸太の階段が至るところに設置されているようです。

ボクは下山していたのですが、丸太の階段のお蔭で、足が石ころで滑らずに下りられました。
なお丸太の中央部分が、よく踏まれて朽ちていることがあるので、注意が必要です。

しきりに菩提寺へと案内する看板

菩提寺への案内板

菩提寺への案内板

「菩提入り口」へと下山していると、見かけるのが「菩提寺」へと案内する看板です。
先ほど通った案内の多い分岐点でも、この案内板を見かけました。

ただ竹中半兵衛の菩提寺は、最初に訪れた禅幢寺(ぜんどうじ)なので、こことは違います。

お寺

実は「菩提寺」は、大昔このあたりを治めていた豪族伊福氏が建てた、格のある寺だそうです。
その豪族の菩提寺という意味なのかも知れません。

ちなみに案内板に写っている菩提寺の山門が、江戸時代中期に建てられたものらしく、有名なようです。

白山神社を通り抜けて

白山神社の境内から振り返って

白山神社の境内から振り返って

さて菩提山を下山してくると、いつの間にか白山神社の境内に着きました。
クマの目撃情報があったらしく、注意喚起を促す看板が立てられています。

菩提山城跡ハイキングコースは、そのまま白山神社の境内を通り抜けていきます。

本殿から遠ざかるように参道を歩いて、大きな石の鳥居をくぐり石段を下りていきます。
ただ道は途中から左に折れ曲がり、コンクリート製の階段に変わりました。

たぶん集落を迂回するように切り通しで新道が作られたため、参道が分断されたのでしょう。

白山神社からの帰り道

白山神社の入り口から竹中氏陣屋跡へは、おおよそ道なりに東へ進んでいけば良いようです。
まずは舗装された道路を道なりに下って行きました。

垂井町巡回バス「菩提」バス停

巡回バス「菩提」バス停

JR東海道本線の踏み切りのすこし手前(西)まで来ると、バス停もあります。
JR垂井駅北口から垂井・岩手線の巡回バスに乗れば、このあたりを巡るのに便利そうです。

あとは踏み切りを渡って、田んぼの中を通る道を東に歩いていけば、竹中氏陣屋跡のある通り(県道257号線)に出られます。

あとがき

菩提山城跡は単なる山城の跡地だろうと、あまり期待していませんでした。

田んぼ

しかしいざ登ってみると、山頂付近は整備されていて見晴らしがかなり良くなっていました。
普段ボクの住んでいる関ヶ原町からは見られない、濃尾平野を見渡せたことは驚きでした。

ただ、あちこちにある曲輪を訪れても、立て札があるだけなので、ちょっと寂しいです。
いつか簡単な説明が立て札に付くことを期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました