【滋賀】甲賀市信楽町の飯道山と行場巡り その4 (岩上から飯道神社本殿へ篇)

名所史跡めぐり
この記事は約3分で読めます。

滋賀県甲賀市信楽町宮町(こうかし しがらきちょうみやまち)には、飯道山(はんどうさん)があります。
修験道の盛んだった山なので、以前からずっと気になっていました。

ということで、宮町登山口から飯道山に登ってきました。
帰りに行場巡りをしたあと、飯道神社(いいみちじんじゃ、はんどうじんじゃ)にお参りしています。

飯道山周辺地図
飯道山周辺地図

飯道山行場巡りを、天狗岩から不動の押し分け岩平等岩蟻の塔渡り胎内くぐりまで歩きました。

行場巡り 岩上

さて胎内くぐりを済ませたあとは、最後の行場「岩上(いわのぼり?)」へ向かいました。
木の根の張った斜面をすこしだけ登ったら、断崖の岩場を横へ移動します。

つぎにせまい岩場から岩を膝を擦りながらよじ登ると、みどり色の小さな案内板がありました。
はじめは「岩上へ」かと思ったのですが、「右上へ ->」と書かれています。

ということで、右側にそびえ立つ断崖を、鎖につかまりながら登っていきました。
あとは、飯道神社本殿まで登っていくだけです。

岩越の道を通って、東ののぞき

と思っていたら、岩越の道の先にあるという、好展望な場所への案内板を見つけました。
大岩群のあいだを登っていったあと、最後に大岩を一つ二つ乗り越えます。

すると「東ののぞき」と名付けられた場所にたどり着きました。
ただまわりが木立に囲まれており展望がよろしくないので、すぐ横のつるつるした大岩の上によじ登ります。

大岩の上からはアセボ峠方面が眺められ、左の方には電波塔のある大納言と呼ばれる山が見えました。
振り返ると眼下に、朱色の飯道神社本殿が見えます。

飯道神社本殿へお参り

ということで山道を下って、古い歴史のある飯道神社本殿にお参りしました。
江戸初期に再建された建物ですが、昭和後期に解体修理が行われており、極彩色豊かで見応えがあります。

本殿の裏手を見ると、巨岩がいくつもひしめき合っていたので、見に行ってきました。
木の根斜面を無理やり登った跡も見受けられますが、行場として整備されている訳ではなさそうです。

ためしに巨岩群のまわりの岩場を、反時計回りに歩いてみました。
一周できるかと思いましたが、途中から急勾配の斜面になったので、引き換えしています。

あとがき

飯道山は修験道の盛んな山だったので、岩だらけで険しいのかと、かなり心配していたのですけどね。
いざ登ってみると、登山口が山腹だったこともあって、すんなり登れてしまいました。

役小角

本当に険しかったのは、飯道神社の近くにある「行場巡り」でした。
行場だけでなく行場と行場をつなぐ山道にも、至るところに巨岩・大岩が点在しています。

ただ危険な場所には鎖やロープが張られており、行場巡りも比較的安全に回れました。
行場巡りを整備してくださった方に、お礼を申し上げます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました