【岐阜】可児市の鳩吹山と土田城跡を巡って その2 (鳩吹山から下山して篇)

超低山登山
この記事は約3分で読めます。

岐阜県可児市土田(かにし どた)には、土田城跡(どた じょうあと)があります。
以前カタクリ登山口から鳩吹山に登ったとき、帰りに近くを通ったのですが、行きそびれてしまいました。

ということで、気になる土田城跡に登ってきました。
歩いていないルートがあったので、ウォーミングアップとして鳩吹山にも登っています。

鳩吹山・土田城跡周辺地図
鳩吹山・土田城跡周辺地図

大脇登山口から、鳩吹山頂上まで登ってきました。

鳩吹山頂上を見て歩く

さて鳩吹山頂上から景色を眺めたあとは、近くを歩いてみました。
固定されたテーブルとイスのほかには、丸い石碑の載った石積みもあります。

鳩吹山展望イメージ図

固定されたテーブルに近づいてみると、鳩吹山頂上から見える山やまの展望イメージ図が描かれていました。
ただ山頂は木々に囲まれているので、360度見渡せる訳ではありませんけどね。

鳩吹山の石積み
鳩吹山の石積み

石積みを見に行くと、てっぺんに「大炊戸天満宮(おおいべ てんまんぐう)」と刻まれた石碑がありました。
かつて山頂にお宮があったことを、表しているのだと思われます。

真禅寺ルートを下って

鳩吹山頂上からは、大天神休憩舎まで戻って、今度は真禅寺ルートを下っていきました。
大岩が露出していますが、はじめのうちは比較的緩やかな山道が続きます。

ところがしばらくすると、直線的な丸太階段が始まりました。
景色がよく見えるのですが、つまずくおそれがあるので、足元への注意は欠かせません。

さらに下っていくと斜面の勾配が急になって、丸太階段がヘビのように曲がりくねるようになりました。
次第に木々が生い茂るようになって、景色が見えなくなっていきます。

鳩吹山真禅寺登山口

それでもひたすら丸太階段を下っていくと、ようやく鳩吹山真禅寺登山口にたどり着きました。
すぐ横には、有難いことにトイレの建物があります。

ということで土田城跡に登るため、緩やかな道路を下っていきました。
真禅寺の向かいにある鳩吹苑会館に立ち寄って、自動販売機で清涼飲料水を買って乾いた喉を潤します。

藤

ちなみに真禅寺参道を歩いていると、道端に藤の花が咲いていました。
藤棚に仕立てられていると目立ちますが、自然の中では葉っぱの緑色に押されて控えめです。

切通しの馬頭観音

さて山のあいだを歩いていると、途中に「切通しの馬頭観音」と呼ばれる石仏がありました。
行き交う人や馬の安全と供養のために建立されたそうです。

この道はかつて、名古屋城下中山道を結ぶ街道だったそうで、参勤交代にも使われていたのだとか。
当時は「名古屋道」「尾張街道」などと呼ばれていたようです。

石碑には「木曽街道」とありますが、一般的に「木曽街道」は中山道の別名です。

馬頭観音をよく見ると、三面六臂の阿修羅像のように、腕が六本ありました。
なお馬面タイプではなくて、頭の上に馬の頭を載せているタイプです。

つぎは土田城跡に登ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました