【岐阜】可児市の鳩吹山と土田城跡を巡って その3 (土田城跡に登って篇)

城郭めぐり
この記事は約3分で読めます。

岐阜県可児市土田(かにし どた)には、土田城跡(どた じょうあと)があります。
以前カタクリ登山口から鳩吹山に登ったとき、帰りに近くを通ったのですが、行きそびれてしまいました。

ということで、気になる土田城跡に登ってきました。
歩いていないルートがあったので、ウォーミングアップとして鳩吹山にも登っています。

鳩吹山・土田城跡周辺地図
鳩吹山・土田城跡周辺地図

鳩吹山頂上から、真禅寺登山口へ下って、切通しの馬頭観音まで来ました。

土田城跡の入り口

さて旧道を歩いて大脇公民館の近くまで戻ってくると、土田城跡(どたじょう あと)の石碑がありました。
あたりには「土田御前 生誕の地」ののぼり旗も立てられています。

土田御前とは、織田信長を産んだ女性です。

ということで、のぼり旗に誘われるがまま農道を奥へ歩いていきました。
しばらくすると、道端に「古城山めぐり 遊歩道」と書かれた小さな案内板が見つかります。

立入禁止のテープ

ところがすぐ横から始まる山道は未整備だそうで、立入禁止の立て札が立てられていました。
迂回路の案内がないので、どうすれば良いのか戸惑ってしまいます。

可児川沿いの遊歩道

可児川沿いの遊歩道
可児川沿いの遊歩道

仕方がないので、とりあえず山すその道を奥へ歩いてみることにしました。
程なくして、断崖の岩を削って造られた小径に差し掛かります。

地理院地図に描かれていないので、最近になって観光用に整備された小径なのでしょうか。
もしかすると、古くからあった岩場の道を平らに均したのかも知れません。

どこまで続くのか不安に感じながら進んでいくと、道端に金子山出丸への案内板が立てられていました。
きっとここから、土田城跡に登っていけるのでしょう。

急坂を登って尾根筋へ

ということで、城跡そのままの丸太階段など整備されていない、急勾配の坂道を登っていきました。
途中には腰曲輪らしき平坦地がありましたが、草ぼうぼうでスギの枯れ葉だらけです。

ピンク色リボンを頼りに尾根筋まで登っていくと、竹やぶの中の分岐点に案内板が立てられていました。
土田城中出丸跡は、右へ進んだところにあるようです。

ただ金子山出丸については、どこにも案内板がありませんでした。
左へ進んだところにある三角点のある小山が、たぶん金子山出丸なのでしょう。

土田城中出丸

さて案内板のある分岐点からは、緩やかな斜面を中出丸跡の方へ登っていきました。
頼りになるのは、地面に残された踏み跡と青いリボンです。

ということで、土田城中出丸跡と思われる小山の上にたどり着きました。
約10メートル四方の曲輪ということですが、周囲に土塁らしき土盛りは見当たりません。

ちなみにあたり探しても、「中出丸跡」と書かれた案内板は見つかりませんでした。
本丸跡の方を指し示す、壊れかけの案内板が立てられているだけです。

つぎは、土田城本丸跡へ行きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました