【あかぎれ】かかとに出来たあかぎれが、昼も夜も痛むので、治してみました

独り言
この記事は約4分で読めます。

年齢を重ねると秋から冬にかけて、手足が荒れるようになります。

去年までは、踵(かかと)にひびが出来ますが、ただザラザラになるだけでした。
ところが今年は、踵にあかぎれが出来て、すこし血が滲(にじ)んでしまいました。

布団で泣く男性

昼間に歩いているときよりも、夜間に寝ているときの方がジンジンと痛みます。
ということで、ボクなりに何とか治してしまいました。

スポンサーリンク

ひび・あかぎれとは

あかぎれの女性

「ひび」と「あかぎれ」を国語辞典で調べてみると、次のように書いてありました。

ひび  【皹・皸】寒さなどのために脂肪分を失った手足などに生じる、小さな裂け目。

あかぎれ【皸・皹】寒さのため、手足の皮膚に脂気がなくなり、深くさける症状。

(学研 現代新国語辞典 改訂第5版より)

つまり、寒さなどの原因により、手足から脂肪分が抜けると、まず手足に「ひび」が出来、さらに深く裂けると「あかぎれ」になるようです。

干ばつ

冬になると空気が乾燥するので、手足の水分が抜けてひびが出来るのかと思っていましたが、勘違いだったようです。

原因を考えてみました

年齢を重ねたこともあるかもしれませんが、それで片付けると何の解決にもなりません。
最近になって始めたことで、足の脂肪分が抜けるようなことはないか、考えてみました。

すると思い当たる節がありました。

シャワーを浴びる男性

夕方にウォーキングをして帰ってきたら、シャワーで汗を流すことにしています。
そのときついでに、足の裏を石鹸(せっけん)で洗っていたのです。

石鹸は界面活性剤なので

風呂場の石鹸

石鹸は界面活性剤なので、水と油を馴染ませる作用があります。

つまり、石鹸を使って足の裏を洗うと、足の裏から脂肪分が抜け出て、水に溶けてしまうことになります。

風呂場のシャワー

ということで踵のあかぎれを治すため、足の裏は水またはお湯だけで洗うことにしました。
足の裏の汗ぐらいなら、石鹸など使わなくても流し落とせるはずです。

ロフトネットストア|コスメ&ヘア・ボディケア
ロフトネットストア「コスメ&ヘア・ボディケア」【広告】

あかぎれを早く治すには

塗り薬

たぶん石鹸を使うのをやめるだけで、踵のあかぎれは治るはずです。
しかしなるべくなら、あかぎれを早く治したいので、ぬり薬を使うことにしました。

以前、食品工場に勤めていたときに、指先のあかぎれを治すために使っていた薬です。

白衣を着て手洗い

食品工場では加工場の中に入る直前、毎回石鹸で手を洗い、さらにアルコール消毒をして、手を清潔に保っていました。

春夏は平気なのですが、秋冬になるとかならず指にあかぎれが出来ていたものです。
というわけで、頻繁にこの薬のお世話になっていました。

ひび・あかぎれ治療薬

その薬とは、池田模範堂の「【第3類医薬品】ヒビケア軟膏a 35g」です。
池田模範堂とは、かゆみ止め薬「ムヒ」で有名な製薬会社です。

この薬を患部に塗っておくと、かなり早くあかぎれが治りました。
以前、母にも勧めたのですが、傷がすぐに治ったと喜んでいました。

塗り薬

この薬はすこし高価なので、安くて同じような効果を謳(うた)った別の薬を、使ってみたことがあります。

しかし結局は、安物買いの銭失いで、この薬に戻ってきてしまいました。

なお、ひじ・ひざ・かかとには、より効果的な「【第3類医薬品】ヒビケアFT軟膏 20g」があるようです。

踵のひびはすっかり

短いくつ下

さて、お風呂から出たら、きれいになった踵全体に「ヒビケア軟膏」を丁寧に塗り込み、薬がよく効くように靴下を履いて寝ました。

すぐ次の日に治るわけではありませんが、数日後にはあかぎれがしっかりと治っていました。

するともう踵は、昼間歩いても痛くありませんし、夜間寝ていても疼(うず)くことは無くなりました。

美容師

ちなみに美容師をしているウチの母は、かかとに馬油を塗っているそうです。
同じ悩みを抱える人が多いようで、美容院に置いておくと常連さんが買っていくそうです。

あとがき

水道で手を洗う

テレビ番組や CM では、皮膚の表面に雑菌が残っていることが、とても悪いことのように言って、石鹸で手を洗うようにいいます。

大昔の衛生状態がわるい時代ならいざ知らず、今の時代健康に生活しているだけなら、体の免疫機能が正常に対処してくれるはずです。

顔を洗う女性

朝起きて、洗顔フォームで顔を洗わないという、女優さんもいるようですね。

基本的には、あまり皮膚の脂肪分を取り除きすぎないほうが、皮膚の健康を保つには良さそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました