【岐阜】揖斐川町の西ノ山と東ノ山へ その3 (東ノ山からふもとへ篇)

名所史跡めぐり
この記事は約3分で読めます。

岐阜県揖斐郡揖斐川町(いびぐん いびがわちょう)には、西ノ山東ノ山があります。
最近登った揖斐城跡あたりの地図を眺めていたら、2つの山の間を長い尾根筋が続いていました。

ということで、仁坂坂から西ノ山を経由して東ノ山まで歩いてきました。
ただ峠道は使われなくなって久しいので、車道や林道を歩いた方が無難でしょうね。

西ノ山・東ノ山周辺地図
西ノ山・東ノ山周辺地図

仁坂坂峠から尾根筋を歩いて、西ノ山を越えたあとは、東ノ山との中間にある岩山に着きました。

スポンサーリンク

本当の東ノ山を探して

さて東ノ山かと思った岩山からは、しばらく尾根筋を下っていきました。
確かに標高は高いのですが、人びとから見えない山に名前が付けられることは、めったにありません。

東ノ山頂上

ということで、本当の東ノ山に着きました。
まったく山頂らしくないのですが、ふもとの集落や峠道からはきっと山に見えるのでしょう。

東山からさらに尾根筋を下っていくと、木立の向こうに林道が見えてきました。
ここから安全に下りたい場合は、林道を下っていくのが良さそうです。

林道から廃道を通って作業道へ

ただ前回、途中から歩いた峠道の登り口を確かめたかったので、林道を城ヶ峰の方へ歩いていきました。
段差ができて判りにくくなった下り口から、峠道を下っていきます。

峠道は相変わらず歩きにくく、生い茂るサカキや横たわる倒木で、たびたび迂回を強いられました。
土石流で峠道が途絶えたら、そのまま土石流の上を慎重に下っていきます。

ということで無事に、前回も通ったふもと近くの作業道に出られました。
登り口からは砂防ダムが見えますが、もう二度とこの荒れた峠道を通らないでしょうね。

擁壁の上に重ね岩

さて西美濃お茶街道を歩いて健康広場に向かっていると、擁壁の上に奇岩を見つけました。
明智光秀ののぼり旗が立てられているので、何かゆかりのある場所かも知れません。

登り口を探していると、擁壁の上へ続く階段を見つけました。
つぎの丸太階段には、「見に行ってくれ」とばかりにトラロープが張られています。

町遺跡 重ね岩
町遺跡 重ね岩

擁壁の上を歩いていくと、「重ね岩」と名付けられた大岩の下に着きました。
碓井貞光(うすい さだみつ)が先祖伝来の家宝を埋めて、その上に大岩を重ねて置いたのだそうです。

本当の話だとしたら、碓井貞光は大層な力持ちに違いありません。
なお明智光秀はまったく関係なく、のぼり旗は人目を引くために立てられたようです。

碓井貞光は平安中期の武将で、渡辺綱を筆頭とする頼光四天王の一人。
源頼光が美濃の国守だったころ、桂地区の荘園に住んでいたのだとか。

あとがき

揖斐川町の仁坂坂峠から、西ノ山を経由して東ノ山まで歩いてみました。
かつては横蔵寺谷汲山華厳寺へお参りする人たちが、よく歩いて峠を越えていたようです。

ところが現在は自動車に乗ってお参りするので、峠道を歩く人はほとんどいなくなりました。
すっかり廃れた参詣道は、歩かない方が無難かも知れません。

怒った赤鬼

ちなみに源頼光とその四天王は、摂津国大江山酒呑童子を退治する物語で有名です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました