【岐阜】美濃三不動のひとつ日乃出不動尊を訪ねて

神社仏閣めぐり
この記事は約3分で読めます。

岐阜県各務原市鵜沼大安寺町(かかみがはらし うぬまだいあんじちょう)には、日乃出不動尊があります。
各務原公園に自動車を停めて、各務原パークウェイを南へ歩いていたら偶然見つけました。

偉いお坊さんが鵜沼宿でお告げを聞いて、背負っていた厨子の中の不動尊を安置したのが始まりだそうです。
美濃三不動のひとつに数えられており、多くの信仰を集めているようです。

ということで、日乃出不動尊へお参りしてきました。
いろいろなご利益があるようですが、合格祈願のパワースポットとして新聞に紹介されたそうです。

日乃出不動尊の駐車場

実際に自動車を停めたのは各務原公園ですが、そこから歩くとすこし距離があります。
日乃出不動尊には駐車場が用意されているので、そこからお参りするのが便利です。

苧ヶ瀬池(おがせいけ)の北側からだと、まず各務原パークウェイを通って山の中へ入っていきます。
各務野自然遺産の森を通り過ぎたところで、道路が二股に分かれるので右へ。

日乃出不動尊と駐車場
日乃出不動尊と駐車場

各務原公園を通り過ぎると、道路に沿って立てられた大量ののぼり旗が現れます。
道路のどちら側にも駐車場があるので、帰りに出やすい方を選ぶと良いかも知れません。

日乃出不動尊にお参りして

日乃出不動尊
日乃出不動尊

ということで、日乃出不動尊の入り口までやってきました。
寺院だと思うのですが、神仏習合の名残なのか、なぜか入り口には石鳥居が建てられています。

ところ狭しとさまざまな物が奉納されていますが、まずは黄緑色の参道を通って本堂にお参りしました。
最初に鞍馬山の日乃出不動尊を祀ったときは、小さなお堂だったそうです。

日ノ出滝不動尊
日ノ出滝不動尊

本堂から左へ進むと「日ノ出滝不動尊」と名付けられた滝がありました。
修験道の行者が滝修行するときに、今でも実際に使われる場所のようです。

裏山のパワースポット「落ちない岩」

さて日ノ出滝不動尊から奥へ進むと、「この上」と案内版があったので、裏山の石段を登っていきました。
裏山を見上げると、「落ちない岩」と書かれたのぼり旗が、風に翻(ひるがえ)っています。

日乃出不動尊 落ちない岩
日乃出不動尊 落ちない岩

数分ほど石段を登ると、パワースポット「落ちない岩」にたどり着きました。
大岩には立派なしめ縄が施されており、その前には小さな不動尊像が置かれています。

受験生の男性

新聞によると静かな人気を呼んでおり、受験シーズンの年明けから 2月にかけて参拝客が増えるのだとか。
普段、机で勉強ばかりしている受験生は、足元に気をつけながら登った方が良さそうです。

裏山てっぺんの御嶽大神

折角なので、裏山のてっぺんまで登ってみました。
てっぺんにはしめ縄の巻かれた大岩があって、御嶽大神が祀(まつ)られています。

中部地方で山岳信仰といえば木曽の御嶽山なので、無くてはならなものなのでしょうね。

日乃出不動尊の裏山てっぺんから
日乃出不動尊の裏山てっぺんから

ちなみに裏山てっぺんから下を見下ろすと、日乃出不動尊の境内が一望できました。
のぼり旗に書かれた「落ちない岩」の文字が、大きくて一番良く目立ちます。

あとがき

美濃三不動のひとつである、日乃出不動尊にお参りしてきました。
これで、山中不動院に続いて 2つめです。

美濃三不動はどこも山奥にあるので、かつては徒歩で登っていく必要があったのですけどね。
現在は自動車ですぐそばまで行けるので、早くて楽で簡単です。

不動明王

最後は、迫間不動尊を残すのみになりました。
ただついでに周囲の山を一周するつもりなので、ちょっとばかり大変かも知れません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました